絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

絶望・・・愛とは裏切りなのかもしれない

「24時間の命」

2014年12月31日、医師から そう告げられた。


「えっ⁉︎今日死ぬってことですか?」

しっかり私の目を見てうなづく医師。


分かっていたような気がする。なんとなく予感してたような・・・。

「明日も、体すっちゃるからね。」


そう、約束したのに・・・・・。


二度と一緒にお風呂に入ることも、体をすってあげることもできなくなってしまった。

彼は、死んでしまった。

ごめんね。私のせいかもしれないね。

あっちゃんは、コンビニの店長です。

あっちゃんは夕方、仕事に行く前に必ずお風呂に入っていくのです。この頃は、少々加齢臭を気にしてか、たっぷり香水もつけて。いつもならその様子を遠目で見ているだけなのに・・・


この頃・・・・

彼にまた、

恋をしてしまったようなんです。

よく考えてみると・・・・・

彼への何度目かの恋の始まりは、この日よりわずか一週間前から始まったような気がする。

それも、突然に・・・。

愛おしくて・・・・・!

何故だろう。

だから、その日、12月27日


いつものように、お風呂に入ろうとしているあっちゃんの 背中を流してあげようと一緒にお風呂場へ行った。

裸になった彼の、身体、髪、顔・・・しっかり丁寧に洗ってあげた。

「気持ちいいやろぅ。」

「おぅ」

「明日も洗ってあげるね。」

「おぅ」


次の日12月28日も

「今日も洗ってあげるから、2時頃お風呂

に入ろうね。」

「おぅ」

一緒に湯舟に浸かった。何年振りだろう。新婚時代を思い出していた。話はしなかったと思う。ただ、同じ方向を見つめて、私は、来年と言う年を心待ちにしていた。大掃除も済んだし、後は、のんびり過ごそうと。あっちゃんは、どうだったんだろう?


「明日も、体洗ってあげるね。」

「おぅ」


そして、思い出したくもない12月29日。

2時が過ぎても3時になっても、部屋から出て来ない。6時を過ぎた頃、

「仕事に行く。」ど、あっちゃん。


何かを感じた。

それは、大切な人としか通じていないテレパシー。


そんなことってありませんか。この日に限って心が騒ぐんです。ドキドキするって言うか、恐怖心にも似ています。


「そのまま行ったら事故に遭うよ。」

「私が運転して連れて行ってあげる。」

「自分で行く。」

そうはさせられないなと、一瞬で感じとり私の運転する車に乗せた。

あっちゃんの指定席は、後ろの座席の助手席側。ドスンと座って、静かに目を閉じた。


その時は、まさか、今日、彼から一つ目の裏切りを受けるとは・・・・夢にも思っていなかった。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。