絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

私は…元気なまま夫のところへ逝く。

私は、何を望んでいるのだろう・・

愛する人とは、もう絶対に・・私がここにいる間は、私がこうして元気?でいる間は会うことはできない…と、わかっているのに・・


こうして…生きている。


死にたい…と何度も思った。

でも、死のうとはしなかった。

それは、単に死ぬ勇気がなかったことと、遺された方の「死ぬ以上に哀しい思い」を私が一番よく知っているのに、娘にその哀しみを続け様に味わわせることができなかったからだ。


私の目標は、母がこの世を去った65歳までなんとか生きること。その頃になると、娘も3人ぐらいの子ども達に囲まれて…子ども達も大きくなり、優しい旦那さんと賑やかに過ごしているだろう。私の、母親としての…(夫の分を足したとしても)役目は終わってもいいだろう。


そして…

私が息をひきとる時、哀しまないでほしい。


やっと…やっと、お父さんに会えるね!って…安心してほしい。

お母さんは、きっと…きっと・・嬉しいはずだから…。


私が望んでいることは、元気なまま、突然…夫のところに逝くこと…。


だからそれまで、

力いっぱい生きる。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。