絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

幸せな振りして笑うしかないか…

朝…このまま起きたくないなって…

昼…ムスッっした、とっつきにくい主任に会いたくないなって…


夜…好きな物を食べて、見たいテレビを見て、自由にのんびり過ごせるけれど…つまらないなって…


「ない」

「ない」って…ことばかりで…。

モチベーションが低い毎日が続いてる。


人が生きてゆけるのは、多分…

愛する人が「いる」からだろうし・・

未来への夢が「ある」から…。

やりがいのある仕事が「ある」からだろうし・・

楽しみが「ある」から…。

そして、自分の存在を確信できる職場であったり家であったり…その中に身を置くことで、居心地の良さを感じるからなのではないだろうか。そんな場所があるから、離れたくないし「離したくない。」ずっと…そこに居たい…。


でも…

愛する人もいない。

未来への夢もない。

やりがいのある仕事も手放した。

楽しみもない。

唯一の居場所もなくなった…。

ならば…止まったままでいるしかないじゃない!


「ない」ものねだりしたところで…何も始まらない…。

哀しい!

悔しい!


・・この2年と9ヶ月で分かり過ぎるぐらい…分かったはずなのに…。

この底から這い上がるには…どんな力がいるのだろうか・・。

一生…幸せな振りして過ごすのだろうか・・・

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。