絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

時の流れは誰の心も癒さない

時間の経過は私を癒やすことはできなかった。

時の流れがしてくれることは、つらく、哀しくて苦しい記憶を心の奥底に閉じ込めることだけだった。

しかし…

閉じ込めても…閉じ込めても…負の感情は溢れ出てきた。大声で泣いたり叫んだり・・

落ち込むだけ…落ち込んだり・・


そんな毎日を過ごした。いや…今だに過ごしている。


そうして…

いつしか私の精神は少しずつ崩壊されてしまった。

人の優しさも優しさとは感じられず、喜び事には素直に喜べず、人と「一緒に」には行動できづらくなり…寂しいと思いながらも「独り」の世界に安心を求めるようになっていた。


時間の経過は…

私だけの・・人とは違うもう一つの世界を創り出していた…。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。