絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

案外…人間って生きられるものだ。

一人で生きていくことは、そんなに大変なことではなかった。


むしろ…ご飯の支度はしなくていいし、時間は使いたい放題。いつでも自由。

誰も不満や文句を言う人もいないから…喧嘩をすることもない。



年収は、以前の3分の1以下になってしまったけれど・・


欲しい物なんて何もないから・・

月給の・・そのほとんどを…自由無計画に…これも使いたい放題。


一人で生きることは、楽かもしれない。


…殺風景な生活でもいいのなら…

朝目覚めた時…突然涙が溢れ・・息ができなくなる瞬間があることを、我慢できるのなら…


一人で生きられるかもしれない。


一人の時間を自分のためにだけに使っている。

案外…こんな生き方が私には似合っていたのかもしれない。


人間…どん底を見てしまうと…、寂しく変化していった生活でさえ「煩わしさの無い…楽な生活」と捉えてしまう。

心臓をえぐり取られるほどの苦しみを味わったから、その「静かな暮らし」が…様々な雑音が排除できて…居心地良く感じるとまで…思える。


煌びやかなイルミネーションや…軽快なクリスマスソングは、無いけれど・・

この世の中に

怖いものなんて一つもない私になることができた。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。