絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

月に2回だけのメル友

毎月11日・・・あっちゃんの友達の月命日。


彼は、電気屋さん!

笑顔の素敵な電気屋さん!の話は、もう随分前のブログで話したことがある。

あっちゃんの同級生だが、高校も大学も違う。どのようにして知り合ったのかは、今となっては分からない。しかし、我が家の全ての家電は、彼のお店で買い彼が取り付けた物ばかり。

友達でありながら我が家の大事な電気屋さんだった。

あっちゃんも私も彼の事を、「梅さん」と呼んでいた。

その梅さんが、あっちゃんが逝く9日前に胃癌で他界していた。それを知ったのも、義父母宅のエアコンを買え換えようと、いつものように梅さんのお店に電話をして知った。

その日から…

私に、メル友ができた。

毎月11日(梅さんの月命日)と20日(あっちゃんの月命日)にだけ。

2日間だけのメル友。

一度も会ったことがないけれど

大切なメル友・・梅さんの奥様。


とても前向きな奥様で…。

私と言えば、悲観的で、いつまで経っても前を向こうともしない。奥様には時々、本当に嘆かわしいのだけれど、「分かってくれるだろう」と思って、ついつい愚痴をこぼしてしまう。


昨日はこんな言葉が届いた。

〈メールの途中から〉


「たまには会いに来てくれないかな…ってね。」って…


私…「会いたいですね。ずっとこのままなのかと思うとすごく辛くなります。だけど…その分きっと、凄い幸せを感じることがあるだろうと、誰よりも…あるだろうと信じています。」


奥様…「そうですよね。二人分生きているのですからね。」


私…「そうですよ。哀しみの中で見つける喜びは、人の何倍も幸せを感じます。負けずに…泣いたり笑ったりしながら生きていきましょうね。」って、強がって送った。


奥様…「そうします。ありがとうございますね。」


今度は20日…梅さんの奥様から先にメールが届く。


一度も会ったことはないけれど、分かり合える人…かな。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。