絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

ヒト…一人の存在なんてちっぽけ!

「ヒト…一人の存在」なんて、

ちっぽけで…

血を分けた家族でない限り…

日本のために命を投げ出した先人でもない限り…

知名度100%近くある、誰もが愛した芸能人でもない限り…


その人の事を思い、考え、慈しむことはないのだろう。


ましてや・・・

その人の伴侶や家族のことなんて…


その後どの様に暮らしているのか…

身体を壊していないだろうか…

少しは、元の暮らしができるまでの気持ちに戻りつつあるのか…等と、


誰か…考えてくれている人がいるだろうか…なんて思っているとしたら…

悲しいかな…そんなことは、ほぼないと知った。

同情してほしいと思っている訳ではないし、

いつも…大丈夫?なんて声をかけられたい訳でもない。


何かをして欲しい訳では全くない。


ただ、これから出会う人達の中には、毎日毎日抱えきれない哀しみを、隠して生きている人がいるかもしれないということ…を。

仕事場や人前では、何もなかったかの様に生活している人でも、心はいつも哀しくて泣いている人がいるかもしれないこと…に気づいてほしい。


グローバル化する社会の中で、ヒト…一人の「哀しみ」なんてちっぽけなものとなり、当事者だけの問題であって、人の心に寄り添ったり、たまにはその人の心に入り込み、一緒に嘆いたり、涙したりということが少なくなったようだ。


だけど人間って、欲の塊だから(私だけかな⁈)少しだけでいいから、私のこと…気にしてくれてたんだ…と、感じたい。


自分から切ってしまった人間関係だけど、どこかで少しだけでいいから繋がっていたい…と思う時がある。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。