絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

異常な程の恐怖心

大いに反省しています。

やっぱり免疫なんか全くできていません。

「おくびょう 豆太」(モチモチの木)ならぬ・・・それ以上の…

「おくびょう 婆さん」です。


博多の子ども病院を退院して、家に帰ってからも、なかなか熱が平熱に戻らず、咳もあり鼻水は洪水のようで…飲み薬が全く処方されていなかったので、家に到着して、昼寝から起きるのを狙って病院へ連れて行くことにしました。


心配で心配で…仕方ありませんでした。その私の様子を見て、娘もさぞかし心落ち着かなかっただろうと…。自分の慌てぶりを反省しています。


しかも、私自身…も、

熱が出てしまいました。

風邪を引いてしまいました。


まあ、自分の事はどうでもいいのです。なっちゃんが元気になれば。私の風邪もケロッと治るはずですから。

一人でいると、いろいろな場面が、フラッシュバックしては…現れます。心が壊れそうで、そのうち頭までガンガンしてきます。

以前見たであろう、しかし、目を伏せたい記憶が無意識に思い出され、それが現実に起こっているかのような感覚に陥ります。


「恐怖」なんです。


哀れな人間です。非常に反省しています。安心を与えるべき存在であるべきなのに、娘たちの不安を助長させてしまうとは…。


大反省です。


私のこの「恐怖心」は、異常かもしれません。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。