絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

未来予想図1

たった一人の友達。

大学で出会ってそれ以来…唯一近況連絡を取り合っている友達。


私のブログの中にも何度が登場している。

最近の話は、この3月にお父様を亡くしてしまい私に…

「みなしごになってしまった」と電話してきた小学校教諭で独身の女性。

彼女と老後と貯金について話をした。

私たち2人に隠し事はない。(そのつもりだけど…)あっちゃんが知らないことも知っていると言った方が伝わるかもしれない。


私も彼女も両親が他界している。

私も彼女も三兄弟。

私も彼女も一人暮らし。

趣味が同じ。


彼女はずっと独身。

私は3年前に主人と死別。


環境が似ている。

哀しみの数があるとしたら私の方が多いだろうけれど…

現在の心の淋しさであったり、心のモチベーションだったりが同じような気がする。


彼女はバリバリの先生。


60まで働いて、2、3年かけて家を片付け、家や土地などの財産を三等分したら、自分がもらった分だけお金に替えて、必要なものだけ持って、海の見える小さな綺麗なアパートを見つけ・・・

2人(私と彼女)で隣接した部屋を借りて過ごそう…と話している。


まさか…人生の結末がこんな形になろとは想像もしていなかったけれど、未来を語るのは、どことなく楽しかった。

60まで…かっ。

やらなければならないことが沢山あるなぁ。まだまだ整理できていないこと山積みですから…。


ぼちぼちやっていこう。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。