絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

仕方がないじゃないですか!

久しぶりの雨だった。

雨は時として嬉しい。

朝から何もしなくても、どこにも行かなくても…「今日は雨だから…」で片付けられる。


そして・・


こんなにもやる気のない私になってしまって…仕事も辞め、家も義父母も…ほっぽり投げても…


「仕方がないじゃない。 あっちゃんが死んじゃたんだから…」で…済ませている。


いつ頃までなんだろう。

それが…許されるのは…。

多分…

私は、これからもいろいろな時に、いろいろな場面で・・・

「仕方がないじゃない!あっちゃんが死んでしまったんだから…」って…

言葉にはしなくても心でそう思い、ただ単に不甲斐ない自分の言い訳にしていくだろう。

だって…あっちゃんのせいで、確かに、今が!未来が変わってしまったのだから。


仕方がないじゃないですか?


だけど…仕方がないだけの人生も…どうだろう。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。