絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

今…伝えなければ・・

いつも…寝る前に・・・


枕元の間接照明だけをつけて、少し高め目の白い天井をぼんやりと見つめ、そこから見えるあっちゃんの遺影に向かって…幸せだったか・・・と、尋ねます。


答えは返ってこない。


あの時から…あっちゃんは…


もう…この世に足をつけていなかったように感じます。


緊急入院してからです。

水の量も制限され食事は摂れず、一日中繋がれている点滴の数は、多い時で一度に6本で…体の至るところに血圧、心拍数を測る機械の為の管と…合わさって・・・沢山の管が・・人間の体ではないように…。


そんな中で…まともな話なんてできなくて、何を話したのでしょう。

たった…23日間の闘病生活だと分かっていれば…もっともっと…もっと聞きたいこと、確認したい事…知らなければならなかった事…話したはずなのに…。

そして…私の気持ちを


愛していると…

幸せだったと…


ありがとう・・・と

伝えたかったのに…。


伝えられないまま…。それが私を苦しめているのです。


そして…彼からも聞けなかった…。それが哀しみの根源です。


いつも…

毎日…

伝えよう

愛している人が、

そこにいるのなら…

ありがとう!って毎日伝えよう。


私に元気をくれて…


ありがとう!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。