絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

生まれ変わる…

1人しかいない友達…覚えてくれましたか?

小学校教諭で独身の女性です。

彼女の事は、苗字の一文字を取って

「たっちゃん」と呼んでいます。大学で知り合ったその日から…ずっとそう呼んでいます。


彼女は私のことを、「さとちゃん」と呼んでいます。

卒業して約30年…喧嘩もしました。音信不通になった時もあります。しかし、何も隠さず…ありのままの気持ちを言い、飾らずにいられるのは彼女だけで…。

あっちゃんが「24時間の命」と言われた時も、姉妹同様直ぐに連絡しました。あっちゃんのこともよく知っていたし一緒に遊んでいましたから…。姉妹じやないけれど…そんな様な関係です。姉妹には言わないことも言っていると思います。


その…たっちゃんと以前にも増して連絡が密になったのは、きっと…2人共この歳になって…「ひとり」だからかもしれません。


大切な家族との別れ方は違っても、同じような境遇の人となら、なんらかの…引き合う力があるのかもしれません。

彼女は大きいお家にひとりで住んでいます。いくつかある部屋の中で、台所と自分の部屋しか使わず、あとは開かずの間になっています。大きな蜘蛛や虫が出てきそうで全く開けたことがもうお母さんが亡くなってからだから8年は…ない!と言っています。


そんな彼女と今…2つの大きな計画を立てています。


1つは、以前にもお話した老後の住処です。


そしてもう一つは、笑わないで下さい!

美容整形です。顔は変えませんよ。ほうれい線やしわ⁈どこをするか熟考中です。


どうなることやら…。

少しだけ…

生まれ変わりたい…

そう思う時があります。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。