絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

強迫観念

あっちゃんには悪いけれど…

あっちゃんがいなくなって…

実は・・・

私の心の中の不安要素が随分減った。


「今日は倒れることはないだろう…か」って、毎日毎日ドキドキ…心配し、いつのまにか職員室の電話が鳴る音にも過剰に反応し、「もしかして⁉︎家からの呼び出しの電話」と、不安になった。


近くで救急車のサイレンを聞けば、

「まさか!あっちゃんが運ばれたのではないだろうか…」と、ヒヤヒヤした。


眠っている貴方の顔の近くに耳をやり、息をしているのを確かめた。


家の中で「ドン!」という音を聞けば、心臓をバクバクさせながら、貴方の姿を探した。


私は強迫観念に駆られていた。


私は随分前から貴方が遠くへ離れて逝ってしまうような…そんな嫌な予感がしていた。


でも…今


貴方の心配は全くしていない。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。