絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

幸せで…不幸でも・・

幸せ…って何だろう!なんて…考える時が・・この頃よくある。


多分…この頃よく考える。

考えたところで結論が出る訳ではないが…。


考えた挙句出てきた答えがこうだ。

そう…考えることがないことが…

そんなこと考えない時が…

そんなこと考える暇がない時が…「幸せ」なんだろう…。


愛する人がいて、やり甲斐のある仕事があって、日々時間に追われ忙しく動き回っているのが・・

私にとっての「幸せ」の形だったのだろう。


今の私ときたら…

あっちゃんが逝ってしまったあの日から…

自分を悲劇のヒロインに仕立て上げて…

私ほど不幸な人はいない。

私ほど可愛そうな人はいない…と思って生きて来た。


そう思えば思うほど、惨めで、情けなくて…哀しくて…


幸せにしても…

不幸せにしても…

人によって違う訳で・・・


私のこれまでの「幸せ」が、あっちゃんと娘と仕事だったのなら・・・

今からの「幸せ」を変えればよいのではないだろうか。


これからの幸せの形を変えればいい。


ならば…何としよう・・・。


随分面白くなってきたような…

益々落ち込んでしまいそうな…

「幸せ探し」が始まる。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。