絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

延命処置はしません。

どのくらい時間が経ったのだろう。


まず、家族に知らせなくてはならない。義母に電話した。娘に電話した。それから、私の姉と妹に・・・電話した。


そして、また、声をあげて・・・・泣いた。


「あっちゃんが、死んでしまうよー‼️」


早く・・・早く・・・


あっちゃんの待つ病室に帰った。

白くて重い扉を開ける時、少しためらった。



もしかして、

あっちゃん・・・・・

もう・・・・・

少しずつ、少しずつ開けた。


ベットに座っているあっちゃんが見えた。


あっ!!

生きてる!!



「また、入院みたいよ。」


「肝臓の数値が悪くなっているみ たい 。一カ月ぐらいかな。」


「おぅ」


やっぱり、知っていたんだね。


でも・・・

「死ぬ」ほど悪いとは思ってないよね?!!あっちゃん⁉️


どうなの⁉️

義父母が、来た。

娘も帰って来た。


義父母と娘がそろったところで、また、主治医から話しがあると言われた。


さっき聞いた話と同じなんでしょ。

あれは間違いだったって、謝ってくれるんじゃなきゃー聞きたくない‼️



同じだった・・・


少し違うのは、「延命処置をするかしないか」という確認を取ることが付け加えられていた。


延命処置をしても、数日しか生きられないと言った。

延命処置は、患者自身もしんどいだろうとも言った。


「自然なかたちで、彼を送ります。」



決まった?!!



確実に彼は死ぬ・・・・。



彼は・・・死んでしまうんだ・・・



本当に・・・・


夜、姉と妹も新幹線で九州から来てくれた。


少し、 心が・・・和らいだ。


死を確信しながらも、

少し、嬉しい裏切りが・・・起こり始めようとしていた・・・・。

死の宣告・・・24時間

12月 30日

絶食開始。

血液検査。

今日から、24時間の点滴。

水さえ全く飲めない。


大切なのは、尿の量の管理。


この日は、まさか、死が近づいているなんて思いも寄らなくて、彼を病室に一人残して帰ってしまった。


12月31日

この日も、やっぱり水も飲めない。自分で尿を取るのが面倒くさいらしく、尿管に管を入れ、測量することになった。


この日から、自分のベットに結び付けているこの尿の袋のことを「友達一号」と呼び、ずっと死ぬまで身につけていた。


今考えれば、この袋こそが​、あっちゃんの命のバロメーターだったんだね。


そして、午後2時

主治医に呼ばれた。


私だけ・・・・一人で・・・


パソコンに映し出される、何かの折れ線グラフ。そんな物見ても意味が分からない、


ただ、私の心の奥の奥の奥に、かすかに届いた言葉・・・・が、


「旦那さんは、24時間の命です。」


「えっ」


「24時間ってことは、今日死ぬっていうことですか?」


信じられますか。

こんな事が本当にあるなんて。


この先生、

何考えているんだろう。

「今日、死ぬんですか?」


主治医は、私の目をしっかり見てうなづいた。



涙も出ていなかったと思う。多分だけど・・・。

深々とお辞儀して、その場を去った。


あっちゃんに何て言おうなんて、考えなかった。

だって、もう・・・私自身が壊れてしまっていた。

病室を通り過ぎて、私が向かったのは、駐車場に止めてある車の中だった。


泣いた❗️ 泣けてきた❗️

信じられなかった。 信じたくもなかった。


だけど・・・だけど・・・・


納得している私がいたことを、この時はまだ、気づこうとはしなかった。


この時はまだ・・・



彼は、私をまた、裏切った。


私に、こんなにも早く、余命を知らせるなんて・・・・

しかも、24時間よ。24時間。

何にもできないじゃない‼️


そんなことしらなくていいよ。


だって、貴方は

まだ、54才よ‼︎


今、死の宣告⁇

聞きたくないし、そんなのありえない、❗️


この・・裏切り者‼️

覚悟した裏切り行為

店に着いた。静かに降りようとする彼の背中に向かって、

「頑張ってね。」と、一言。


あっちゃんは、知っていたのかもしれない。この時・・・・既に。

私は、気になりながらも、家に向かって車を走らせた。


それから、一時間半後、携帯が鳴った。エグザイルの道・・・聞き慣れた着信音。


あっちゃんだ‼️


「腹が痛い。迎えに来てほしい。」


腹を抱え、下を向いて歩きづらそうに近づいて来て、いつもの指定席にゆっくり腰を下ろした。


何かが違う。

そして、突然!


「うっ」

車の窓を開け、唾を吐き出す音。

「うっ」

うす暗い車の中。

震えているように感じる彼の体。

うす暗い車の中

真っ白いマスクに滲む濃い液体の跡。

彼の口から、まるで噴水のように出てきたものは、血だと直ぐに確信した。


私は、たった今・・・・

信じられない光景を、見た。


私には、今・・・・

大変な事が、起きている。


と、いう事実を理解できないまま、ただただ、病院へ向かった。


うす暗い車の中

寒かった。

怖かった。

悲しかった。

でも、何故か、悔しかった。


バックミラーに映るあっちゃんが、とてもとても、遠くに感じた。

手を差し伸べれは、そこにいるのに・・


もう、私が心から愛したあっちゃんではないかのように・・・・感じた。


冷たい空気が、流れていた。

あっちゃんは、知っていたのだろう。こういう状態にありながも、

「家に帰って寝とけば治る。」


病院へ向かう車から、降りようとさえする。

「家に帰りたい。」


ごめんね。あっちゃん。


救急病院へ着いた。


処置ができない。


何故!こんなに医学は進歩しているのに・・・。

非情❗️

受入拒否❗️

たらい回し❗️


結局、受け入れてくれたのは、いつもの病院だった。


その日の内に、緊急入院することになった。


あのうす暗い車の中で感じたものはなんだったのだろう。



私が一番の理解者だと思っていた。

私には、何でも話してくれるだろうと、いやいや、「話してくれているだろう」と、思っていた。仕事の事も、体の事も。嬉しい事も悲しい事も。

でも、間違っていた。


私には、全く・・・・・何一つ話してくれていなかった。


いつもいつも、

「大丈夫。心配すんな。」


嘘嘘・・・嘘❗️ 大嘘やーん❗️❗️


あのうす暗い車の中で感じたものは、諦めにも似た・・・・彼からの冷たい愛だったのかもしれない。


覚悟した 裏切り行為‼️