絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

私はさくら

やっぱり来た。

この場所に。

砂浜に面して植えてある桜の木・・・

地面に落ちるのをためらっているのか少しだけ残っている桜の花が、吹いてくる潮風に抵抗してしがみついている。

枝は、そんな花びらの細やかな願いも知らず、ただ悠然と風の流れに逆らわず自分の体をしならせている。

力尽きた花びらは、砂浜から巻き上がる砂に混じって舞い上がる。


そして、地面に落ちる。


ここで過ごした28年の月日。

娘は、吹いてきた希望ある春風に乗って、自分の居場所 へと飛んでいった。

私は、枝は折れてしまっているのに、まだ必死で掴み離れようとしていない諦めの悪い「さくら」だ。

吹いてくる風にも抵抗し、舞い上がる砂は手で覆い身を隠す。

ここで今まで通り生きていける訳がないのに。


風の流れに逆らわず、飛んでみようかなあー。

ぎゅっと掴んでいないで、そっと手放そうなかあー。

そうしたら、

心が軽くなれるのだろうか。

そうしたら、笑えるのだろうか。


あっちゃんは寂しくないだろうか。

私が手を放したら・・・・



今、また、私の目の前を花びらが飛んでいった。


歌っているように見えた。

ないないづくし

ひとり・・・


遺影の前で手を合わせ

癒しの音楽に心を傾け

頬をつたう涙を拭かず

声に出し彼の名前を呼ぶ

何度も何度も・・・・

何日も何日も・・・・

毎日毎日・・・・


ひとり・・孤独・・・

・・もうすぐ三ケ月になる


いつまで私は、こうしているのだろう

忘れることは決してない。

思い出になんて絶対できない。

「前に進め?」できるはずがない。


名前を呼んでも決して返ってこない


いつもいるはずの場所に

もう、あなたはいない

私の名前を呼ぶことも

永遠にない。

二人並ぶことは、もうない・・・


ただ返事をしてくれるだけでいいのに

ただそこに座っているだけでいいのに


・ひとり・・孤独・・・・

孤独だけど

孤立ではない。

また、仕事に復帰しようかなぁ。

私の居場所

無駄なことだとは分かっていた。


だけど、

伝えたかった。

ただ知って欲しかった。

胸が張り裂けそうな悔しさと悲しさを少しでも分かって欲しかった。

できることなら、私の胸を切り裂いて見せてやりたいとも思った。

しかし・・・


「こちらはそんな負担は一切お願いしていませんから・・・・。」

人件費、廃棄の金額、オーナー、店長の仕事量・・・つまり、経営者の力不足・・・・・だ・・・


分かってる。分かってるから・・


何万件というコンビニの中のたった一つの店のオーナー、店長にすぎない。という訳だ。

だけど家族にとっては、世界中でたった一人の父であり夫であり息子だったのだから。


電話を切った後、言った。


「人殺しっ」・・・・・


何度も何度も、小さな声で・・

言った。

そう言って、

余計に・・・・悲しくなった。


私が、いけなかった。

そうよ。私がいけなかったんだ。仕事のことも体のことも、一番私が分かっていたはずなのに・・・・

私は、あっちゃんの一番の理解者でも、支援者でもなかった。

本当に・・・ごめんね。

私が・・・


私が、あっちゃんを裏切っていたんだ。

裏切り者は、私だった。

この・・・家には居られない・・


私は何処に行けばいいのだろう。