絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

スッと…消えてしまおうか

寒かった…

雪が積もらなかったことに安堵しながらも、何もかも覆い隠す銀世界を見てみたい気持ちもあった。


今日は仕事。

帰る頃になって、綿雪が舞った。後から後から…降りてくる。

天から…ゆっくり…舞い降りる。

綿雪は、地面に着く…その瞬間に消えて無くなってしまう。

儚い…その白い舞をほんの少し楽しんだ。

「消えて…無くなる・・・」か。

随分前に・・嫁は辞めた。

あっちゃんがいないから・・

・・妻も辞めることになった。


私が此処にいる理由がなくなった。

私も・・・スッと…消えてしまいたい。そう思った。


おそらく、桜の花が咲く頃…

裁判は終わるだろう。

そうすると、あっちゃんの持っていた全ての物が・・・

無くなってしまう。

二人で過ごしたこの家も無くなったら…

私が此処にいる意味が…無くなる。


私は・・綿雪になろうか。

ふあっと、何処かへ飛んで行こうか…着いた居場所が居心地悪かったら、スッと消えてしまおう…か。

あっちゃんがいない世界は…

こんなもの…

スッと…消えてしまいたい。

もう…怖くない

気象庁は、今冬一番の寒波が流れ込む影響で冷え込み、山沿いでは大雪の恐れがあるとして「暴風と大雪及び低温に関する気象情報」を発表した。なんでも、約40年ぶりの大寒波が襲来し、西日本を中心に広範囲で雪が降ると予想している。


確かに…雲行きが怪しい。窓を叩く風が強くなっている。


不思議だ。


以前は、台風情報に怯え、バケツをひっくり返した様な雨に、雷鳴が轟こうものなら…胸はドキドキ・・「心配」で…不安で…


早く無事に通り過ぎてくれないものかと願ったものだ。


しかし…今は…


どんなに風が吹こうが、割れんばかりの雨が打ち付けようが、辺りが暗闇に包まれようが、全く怖くない。「心配」もしていない。


独りだから余計に心細いだろう…とか、独りだから不安だろう…などと気遣って貰わなくても…結構。



独りだから…怖くない。


もう…これ以上ない「恐怖」と「哀しさ」「不安」を知っているから…


これ以上のものはない・・


人は…


「愛する人がいるから、愛する人のことを想うからこそ…」


怖くなったり不安を感じたりする。


( 1年前の今日…あっちゃんは、白骨となった。)


だから…もう怖くない。

必ず会いに逝きます。

2015年1月20日午後4時11分

最愛の夫が永眠した。


一年が過ぎた…

まだ、一年しか経っていない…

随分…

もう2年、3年…いや、もっと…あっちゃんと会っていないような気がする。


会いたくて…

触れたくて…

この「愛おしい想い」は…

「哀しみ」は…これからも…「あっちゃんに会える」その日まで続くのだろう。


『あっちゃん…

もう少し…

私が、貴方のためにしなければならないことが残っています。

そして、貴方の分まで守らなければならない娘がいます。

粗方やり終えたら、安心して会いに逝くことができます。

だからその日まで待っていて下さい。

私は、貴方に会えることを楽しみにしています。』