絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

二重人格

「お前は四重人格やからのっ」って、私のことを言っていた。


自分でもそう思っていた。「多重人格者」だと。


まず、職場の私。

自分で言うのも恥ずかしいが、「真面目・働き者・熱血」

主演女優賞にでも輝きそうなほど、職場の中ではそのイメージが定着している。


次に友達や姉妹といる時の私。

「吉本に入ったらいいんじゃない!」と、言われるぐらい、ひょうきん者で、賑やかなのが大好き。仕切りたがり屋で目立ちたがり・・泣いたり笑ったり本当に忙しい・・・・


それから、義父母の前の私!

比較的落ち着きのある賢そうな?母、妻を演じている。同じ敷地にあるにもかかわらず、義父母の家に行く時は、必ず化粧をして行く。服も着替える。・・・だから疲れる。土日、化粧もせず、ボーと過ごしたい時は、義父母の家には、けして近づかない。

愛想のない取っ付きにくい嫁だ。

嫁だった⁈


最後に大好きな家族三人でいる時の私・・・自由奔放、自己中、好き勝手、やりたい放題、ぐーたら、毒舌・・・・でも、でも、本当の私は、相撲部屋かと思うぐらい料理を作ったり、上沼恵美子さんにも負けないトークをしたり、底抜けに明るくて、感激屋で涙もろくて・・・結構可愛らしいのではないかと思っている。



そんな私のことを愛してくれたあっちゃんは、私が、怒っている時イライラしている時には、


「今、源(げん)さんが出てきとるんよの」と・・・・言って笑った。


源さんは、男だった。

源さんは、わがままだった。

源さんは、自分の考えを曲げず、相手を罵倒することもあった。

源さんは、元気で強かった。

源さんは、自分が正しいと言い張った。

「はい。はい。源さん・・

わかりました!」と・・・


私である源さんに付き合ってくれた。


でも、


今は、私の中の源さんは出てこない。

相手をしてくれる人がいないから。



今は、


倒れそうでくじけそうな・・・ 弱い自分と・・

問題山積の状態でも 、

「どうにかしてやろう」と、気持ちを奮い立たせている自分・・・が、毎日の生活の中で入り乱れている。


涙と怒りの・・・まさに二重人格。

威勢の良い源さん!

もう一度会いたいな。

待ちくたびれて・・・

また、夜がやって来た。以前ならこの布団に入るまでの時間が大好きで大好きで・・・

あっちゃんと夫婦二人だけの生活は、9年目を数えていた。

あっちゃんは夕方から、コンビニに行くことが多くなっていた。


だから、夜は、私ひ・と・り。


この「一人の時間」が、

たまらなくいい!

「一人の時間」が、

たまらなく好きだった。

録画している韓ドラ見たり、オットーのカタログ見ては、似ても似つかないモデルと自分を重ね合わせ、ひとときお金のかからないカタログショッピングを楽しんだり、

ゆっくりお風呂に入ったり・・・・・コーヒー作って、テーブルへ置き、足をくんでリラックス・・・・・。誰にも邪魔されない、私だけの自由時間。


私は好きだった。



でも、よく分かった。


いつかは必ず帰って来る人がいるから「一人の時間」は、楽しいのだということが・・・・。


あっちゃんが必ず帰って来ると思っているから・・・・大好きな時間だった。

私は、あっちゃんの帰りを「待ち」

・・・・その「待つ」時間を楽しんでいたのだ。

帰ってくるという「安心感」があったのだ。


人は、余裕がないと

心 から笑えない。

人は、ゆとりがないと

人に優しくできない。

人は、安心してないと

心から楽しめない。


今、本当に分かった。


「待つ」って、素敵なことなんだ。


待つ人がいるって、

とてもとても幸せなことなんです。


待ちくたびれて・・・・

タイムスリップ

「死ぬ」こと・・・・


お葬式が終わって、3日以内に「雨」が降ると、その雨は、亡くなった人が「自分の死を受け入れた」という意思表示だそうだ。

その雨は・・・

その死が、長かろうが短かろうが・・生まれた時から定められていて、その人本来の寿命であるという証・・・・・。

・・・・3日以内に・・・

・・・・・「雨」が降ったなら、人生を全うして生きたことを意味する。・・・



と、義母が言った。


確かあっちゃんの通夜、告別式・・・とてもいい天気だった。


しかしその2日後・・・・雨が降った。


天から降る雨が、教えてくれた。

「僕は、自分の人生を自分なりに精一杯生きたんだ。」って・・・。


声じゃなくて、優しい雨が私に、教えてくれた。


暗い空を見上げ絶望の淵に立っている私に、義母がそう静かに話してくれた。


私は、まだ受け入れきれていない。


本当に、死ななくてはいけなかったの?

本当に、もう会えないの?


本当に、本当に・・・。


今日は、朝から行動も心も静止状態。

時々タイムスリップしてしまう。