絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

遺された者の役目

娘夫婦を見ていると

夫には、夫の役目…

妻には、妻の役目があって…

自然と「阿吽の呼吸」でことが進んでいく。


かつて、私達もそうであったように…

あっちゃんの死後・・・

自分自身の哀しみに暮れている中、娘の立場に立って考えたことがあった。

人は…

花嫁姿を見せられたから良かったね。(挙式後二ヶ月で他界する)と言う。

年月より…その中身の濃さよ…と言う。

大切な人は、その関わりの有無に限らず、いつまでも元気であって欲しいと願うものだ。

欲を言えばキリがないが。

孫の顔は見て欲しかった。

七五三は、一緒に記念写真撮るべきだ。

小学校入学・・いや!成人式!いやいや!結婚式に、新婦の手を取り退場する…祖父の役は…するべきだろう。 ・・・と思う。

誰もが…

誰もが…生きるべきだ。

家族が納得するまで

生きるべきだ。

そして…

父親の役目として、子どもが一人前の「親」として成長した姿を見た時、孫に…(娘に教えたように)「娘に教えた遊び」と、「人として大事にしなければならないこと」を教えてやるべきだろう。


私は、母親として、

「あなたのお母さんはね…」と、小さかった頃の話を…好きだったこと・得意だったこと・苦手だったことを沢山話してあげよう。

私が一番大事に思っている「将来の夢(仕事)」を持つこと…を熱弁してやろう。


そして、会えなかった「おじいちゃん」のことを…たっぷり話してあげよう。

重なる…蘇る…

重なる…、

蘇る…。


「ただいまー。」

玄関を入ると、消毒綿で手を拭く。

玄関に入ってすぐの部屋が、私が産後一ヶ月間娘と一緒に過ごした場所だ。

乳の匂いと真綿の中にでもいるような柔らかい空間がそこにはあった。

あっちゃんは、毎日毎日…そこへ駆け込んで来た。


眠っている姿を見ては、手や顔を撫で、泣いていれば抱き抱え、語りかけ…愛しくて愛しくて…

しばらくすると、そこへいつものビールを持ってやって来る。ベビーベッドの横に座って飲み始める。

お酒のあては、娘の寝顔…だった。

あっちゃんは小さい娘を見つめ…この子の将来を夢に描き、そして自分の未来と重ねて想像していたのだろう。

自分の未来と…重ねて・・・

随分、現実は違っていた。

誰がこんなにも早く別れが来ようと想像しただろうか。


胸に抱く…

「せっかく眠ったんだから、そっとしておいて、…」と、私が言う。


小さい小さい我が娘を優しく胸に抱き微笑むあっちゃん…


あの時と同じ笑顔を、今度は娘の子を抱いた時に見たかった。

孫の寝顔を酒のあてに…上手いお酒を飲ませてあげたかった。

鬼嫁奮闘記④

外に出ると、大きく背伸びして青空を見上げた。いつになく…空は晴れ渡っている様に感じた。冷たいけれど…澄んだ空気が、これからの生活を暗示しているのか…身が引き締まる思いがした。

今日から始まる…新しい生活…

期待半分…不安半分…、

どうせ生きなければならないのなら、「楽しんでやれ!」そんな気持ちで、病院を後にした。

私の車の後部座席には、娘と生まれたばかりの赤ちゃんが乗っている。

「安全運転…安全運転」

「あっちゃん…頼んだよ。」

自分でも何を頼んでいるのかよく分からないが、あの日から、何かにつけて…

「あっちゃん…お願いね…」と、呟いている。

私の願いなら何でも聞いてくれるほどの力を持っているかどうかは知らないけれど、

一人残して…全てを私に任せて…先に逝ってしまったのだから・・・

空の上から…ただ…見ているだけじゃなく、私の願い通り…何事も上手くいくように段取りぐらいしてよ!って・・・

やっぱり…頼ってしまう。

今でも…

あっちゃんしかいない…

私の願いを聞いてくれるのは…


あっちゃん…頼んだよ。