絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

行く宛のないメール

朝一番!!

携帯が鳴った。


ラインだ。

娘からだった。

(実は、あっちゃんの携帯を今、名義変更をして、電話番号を変えて私が使っている。)

ラインを始めて1年くらいになるが、それは・・・指で画面を何度か上下にする程長い文章だった。

すぐに気づいた。

行く宛がなくなってしまった、愛のこもったメールだと。

やっぱり、

涙いっぱい・・のメールだった。


今日はお父さんの誕生日やね。普段は悲しくなるから、あんまりお父さんの事考えん様にしてるけど、、、今日は考えてしまう…

「1年前に誕生日おめでとう」ってメールして、「ありがとう」って返ってきたこと。今でも履歴に残ってるのを見たら、やっぱり悲しくて涙が止まらなくなった…

お父さんが入院してからの、お母さんとのメールの履歴を読み返してまた思い出した…

この1年本当に本当に辛かったこと。

私以上に、お母さんはもっと辛い思いをしてきたよね…

この1年、長かったような…短かったような…。

今、お父さんが生きてたら、また違う1年になってたやろうし、逆に介護でヘトヘトになってたり…心配が尽きなくて精神的にまいってたり…してたのかな。でも「生きていてほしかった」…孫に会わずに逝くなんて…悔しいけど。


この前、すき焼き作って食べたよ。お父さんとよく肉の取り合いしたの思い出した。

こうやってお父さんが思い出になって

いくのは寂しいけど、良い思い出ばかりだから、「幸せやな」って思うよ。

この1年で色々経験して強くなれたし、大切なものに気付かされた。


お父さん誕生日おめでとう!


そして…お母さん!

側にいて支えてくれてありがとう。

今日は感謝の日にするね。



あっちゃんに

届くはずのメールだった。

そう・・・・

これが・・私の生きていく理由

天国の誕生日

楽しかったら・・・涙がでる。


海に行ったら・・・涙がでる。

綺麗なものを見たら・・・

美味しい物を食べたら・・

嬉しかったら・・・

涙がでる。

何故だろう。

この頃いつも、

喜びが涙に変わってしまう。

笑いが涙に変わってしまう。


「綺麗やねぇ」

「美味しいねぇ」

「嬉しいねぇ」

気持ちを言葉で表現することを、余りしない人だった。

私の大げさに喜ぶ姿や美味しそうに食べる姿を見て微笑んでいた。

それが・・・ とても可哀想で・・

もっと、もっと、

一緒に喜びたかった。

一緒に行きたかった。

一緒に見たかった。

一緒に食べたかった。


些細な極普通の事が、こんなにも幸せなことだったなんて一緒にいるとなかなか気づかないものだ。


今だから分かる。

食べるのも、

行くのも、

見るのも、

あっちゃんがいたから

美味しかったんだ。

あっちゃんがいたから

楽しかったんだ。

あっちゃんがいたから

嬉しかったんだ。

今日12月23日は、

あっちゃんの誕生日。

何歳になるんだろう。

大好きなお酒を持って

会いに行こう。

11回目の月命日

この想い・・・届かないことは、百も承知。だけど、泣かずにはいられない。

息ができないくらい会いたくて・・会いたくて・・

苦しくなる。

今日20日は、11回目の月命日・・・・


つい昨日のことのようで・・・


でも、もう何年も前のことのようにも感じられて・・・「あっちゃんと随分会ってないなぁ。」と、思う。


まるで、

いつか必ず逢えるような・・・

そんな気さえしてくる。


幾度となく自分を責めてきた。

何も話してくれなかったあっちゃんの遺影と遺骨に向かって、あっちゃんをも・・・責めてしまった。


コンビニを

銀行を

病院を

義父母を・・・心の中で罵った。


前にも後ろにもいけない。

固まってしまった心

右にも左にも・・・八方ふさがり

11ヶ月前にいたこの場所で、

同じ思いで、

今日も、ソファに寝転び天井を見ながら・・・ただ、毎日を過ごしている。

ちょっと出掛けて来よう。

あっちゃんに会えそうな場所と言ったら・・・あそこしかないな!


行ってきます。