絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

青い空が見たい

今、すぐに逢いに逝きたい…



独り・・って、慣れてくるものだろうか。

涙も・・今の様に流さなくてもよくなるのだろうか。

「一人分」の量に慣れ、「一人の時間」の流れが出来、「静かすぎて哀しい…」なんて感情も薄れていくのだろうか。

空を・・・両手を広げて…見ることが出来るようになるのだろうか。


あっちゃんは、それはそれは吉本芸人にも負けないくらい面白い人だった。そして、温かい人だった。

私が不機嫌な顔をしていると、あれやこれや考えて・・・

服を買ってきたり、お菓子を買ってきたり、遊びに連れて行ってくれたり、おどけて見せたりして…

私を笑顔にしてくれた。


こんなにも…

こんなにも…早く死んでしまうなら、もっと我儘言えばよかったかな。

だけど、

もっと、優しくしてあげればよかった。

もっと、美味しい物を作ってあげればよかった。

もっと、お小遣い沢山あげればよかった。

もっと、お酒を一緒に楽しめばよかった。


もっと・・もっと・・・…

空を見ると…

青空の向こうにあっちゃんがいると思うから、眩しさと自然に溢れ出す涙で、目を細め…何故か・・

空を見ることが悲しかった。


もうすぐ13ヶ月。


「絶望」というこの場所からも、確かにあの青い空は見えている。

思い切り両手を広げて、

空を見上げてみたい。

笑顔は無理でも…

涙が・・あっちゃんに

見えないように…


(タイトルを変更しました。青い空が恋しくなったからです。少しずつ前に進めますように。これからもよろしくお願いします。)

人生一度だけの父との喧嘩

母(享年65)が亡くなった時、父は70歳だった。父は、それから7年間…独りで暮らした。友達も親戚も近くに姉夫婦もいた。しかも、大好きな海へ…船に乗り、イカにブリに…魚を捕りに行っていたので、遠くへ嫁いだ私は余り心配していなかった。

母が亡くなった年の夏、あっちゃんのコンビニがオープンだったこともあり、正直なところ私は自分の生活の事で必死だった。


母が亡くなってからも、母の日にはカーネーションを「母の名」で送った。

しかし…ある年、「母の日のカーネーションの花が届かない」と、お叱りの電話が来た。

・・その時…父は泣いていた。

父にとって、母は生きていたのだ。自分と同じ様に娘も、母の事を『いつも想い慕っている』と言う『証』が欲しかったんだ。

自分と同じ思いの娘がいることで

寂しさに耐え、自分が強くならなければ…と、生きていく理由を感じたかったに違いない。

その想いに私は、今になって気づかされた…。

母が、蜘蛛膜下出血で倒れ、意識もなく寝ているその…ベットの側で、事もあろうに私は父と大喧嘩をした。父は私の胸ぐらを掴んで怒りを露わにしていた。

「お母さんがこうなったのは、お父さんのせいよ!」

なんて…言ってしまった…


母が亡くなって一年と3ケ月を過ぎた頃、私達三姉妹のもとに父から川柳が届いた。


12年前も、きっと私はこの川柳を見て抱いて号泣したのだろう。


改めて…今…詠んでみた。

父が私達に求めていたこと

父が伝えたかったこと

父の心の全てが…

今…「分かった」・・・

「 テーブルの

妻の写真に

あじをきく 」

私が今…

父と同じことを・・・

笑いに変える場所

私の実家は、別名「海のアルプス」と言われる…それはそれは美しい橋がある所なんです。私の家からその橋は見えました。目の前にありますから。その橋の架かる海は、今も昔もエメラルドグリーンで、子どもの頃の私の海水浴場でもありました。


生前…母は、その橋を散歩コースにし友人と歩いていたそうです。


生前…父は、会社を退職し、船を買いその橋を毎日眺めては、沖へ魚を捕りに行っていました。

多分橋が架かったのは、今から15年ぐらい前だと思います。私は、実家に帰る度に橋を渡っていました。ドライブ・海鮮料理を食べに・・家から眺めても綺麗ですが、実は、その橋を渡ったある所に私達三姉妹の秘密の隠れ場所があるのです。

「雄叫び所」

腹から…腹の底から声を出すのです。


「おかあさーん」…って・・

何度も何度も叫ぶのです。

何故か、その場所から叫ぶと「その声」が届いているような気がします。

姉妹で…娘たち連れて…泣きながら

伝えたいこと、お礼、お願い…なんでも声が枯れるまで叫びました。

そして泣きました…


でも面白い事に、叫んだ後はみんなで大笑い…

どうしてでしょう。

笑いが止まらなくなるのです。


涙が笑いに…変わるのです。

そこへ…

その場所へ…


行きたくて…

行きたくて…仕方ないのに・・

行けない。

それは、きっと、

「ひとり」だから…

涙は笑いに変わらない。

・・そう…思うからです。

それは…

「夫の死」は、ひとりの…

私だけの哀しみだから…