絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

おもしろくない七夕

今日は彦星と織姫は、きっと逢えませんね。


残念ですね!


だけど、一年待てば「逢える」のですから・・・。


それを「 たった一年」と考えるのか「一年も」と考えるのかは、その人その人によって違うけれど・・・



しかし、1年に一度「たった一度」でもいいじゃないですか。



琴座のベガの織女(しゅくじょ)星と、鷲(わし)座のアルタイルと呼ばれる牽牛(けんぎゅう)星。

二つの星が旧暦7月7日に天の川を はさんで最も光り輝いているように見えることから、中国でこの日を「一年に一度二人が出会える日」と考え、ロマンチックな一日として、語り継がれている。


私たち地上に生きる者は、短冊に願いを書き、それを川に流した。今日は、「川の日」とも言われているらしい。



娘が幼い頃、笹の葉に願い事を書いた短冊を家族で結んだ。


私は、毎年・・「今年こそは、ダイエット成功しますように。」だった。


あっちゃんは、「お母さんがお小遣いをいっぱいくれますように。」

と、よく書いていた。

娘は、欲しい物を書いていた。


「少しは、お勉強のことも書きなさい!」なんて、 七夕とは全く関係ないと思うんだけれど・・・その頃私は・・・娘に、無理矢理、


「テストで100点が取れますように。」

とか、

「発表が沢山できますように。」と、

書かせて安心していたような気がする。


今、思えばおかしくて、懐かしい。


まったく、ロマンチックじゃない!


あの短冊には、

本当は、何と書けばよかったのだろう。



・・・「例え、遠くに、遠くに離れていても、今年もみんな元気に笑って逢えますように・・。」って・・・・


・・・「病気をせず、みんなが健康で、毎日笑顔で過ごせますように・・。」と、

毎年書くべきだったなあー。


・・・って、今になって思う。



織姫は、いいなあ!


今年、大好きな彦星に逢えなくても、来年逢えるんだから。


「また、今度」逢えるんだから・・


何処にいるんだろう。

あっちゃん星・・・・


探して見よう・・・・・


あっちゃん星は、「私」という星が



見えているのかなあー?

一人ご飯

お一人様・・・・・で!

(昔こんなドラマありましたよね。)


一人で食堂に入るのには抵抗があった。

四人掛けのテーブルに一人で座るなんて・・・

届けられる料理を見ても、一人分だと、なんとなく淋しい感じもする。料理を差し出す店員さんもなんだか素っ気なく感じる。


食事を美味しくするお喋りもない。

「これ、美味しいね。」なんて共感することもされることも、ましてや一つの物を、小分けして、「味見」なんて・・・

「ちょっと食べさせて。」うんもすんも言わないうちに、あっちゃんが、注文した料理に箸をつけた。人が注文する物が何故かとても美味しく見えるのだ。


「食べるかあー?」って、あっちゃんの食べ残しを食べることもよくあった。

今は、


私の分だけが淋しそうにテーブル並ぶ。

いや!置かれる。



だから・・・・・決めた!


「一人ご飯」は、

セルフサービスのお店に行く。


窓ガラスを目の前に食べる。

思い切りオシャレをして行く。



お一人様ですけれど・・・腹一杯いただきまーす。時々涙をこぼしながら・・



「一人ご飯」

家では、すっかり慣れてしまった。


食堂に一人で入ることに慣れるのも、そう時間はかからないだろう・・・。


今日も一人で、

「いただきまーす。」

孤立感・疎外感

突然!

心が乱れる。

感情の縺れ・・と言うべきか・・・・

感情の起伏が激しい。

あっちゃんの事を思い起こし、私の心が、みな「愛しい・恋しい・懐かしい」思いに占領される。


でも、少し経つと、心の中が空っぽになり虚しくって・・・

誰も分かってはくれないだろう。と。私の生活は、姉や妹・・・人と違ってしまったのではないだろうか。と。このまま、生きていけるのか。と、いった、「孤立感、疎外感」を感じてしまう。

被害妄想とでも言うのだろうか。


すると、急に何もかもやる気がしなくなって・・・塞ぎ込んでしまう。


やっぱり・・・私は病気かな。と、考えてしまう瞬間です。

でも、

この頃・・・悔しさや怒りの感情は、あまり顔を出さなくなった。

借金が発覚した時は、あっちゃんの裏切りに体中が震えた。そして、コンビニと銀行に「火をつけてやりたい」と本当に思った。この上ない悲しさが、絶望化し、人の心を鬼にした。


春が来て、新緑の季節を過ぎ、暑い夏が来ようとしている。

今・・・

少し、安定してきたかな?

・・・そんなことはなかった。


あっちゃんを慈しむ気持ちは以前にも増して膨らんでいる。


涙がこぼれ落ちるのでなくて、この頃の涙は嗚咽を伴う。


やっと、裁判が

本格始動し始めたのだ。

でも、なんか、私。疲れてる。

た・す・け・て

あっちゃん・・・