絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

幸せになるために結婚したのに・・

風邪を引いてしまった。

喉が痛く、体がだらしい。

明日になったら熱が出てきそうな・・・そんな感じがする。

こんな時、あっちゃんがいたら・・決まって・・・

理由は分からないが、いつも「のり巻き」を買って来てくれた。

枕元にポカリと、体温計を置いてくれた。

仕事から這うように帰って来て、今日はそのままベットの中へ滑り込んだ。気がついたら、この時間まで・・眠ってしまっていた。

食欲はない!

だけど、少しお腹が空いた。


枕元を見てみる。

「のり巻き」・・・

一つ・・・食べたいなぁ。

風邪を引くと、優しくしてくれる誰かが家には居た。

だから、病気になっても 安心していられた。

ドアを開けては、誰かが様子を見に来る。

それがとても嬉しかった。


だけど、

(一人じゃあ・・

病気にもなれないんだ。)


映画の中で、誰かが・・・

「幸せとは、愛する妻がいて、やり甲斐のある仕事があって、気の合う友達がいて、物分かりの良い近隣がいることだ」と言った。


ならば、その中の一つでも欠けたなら「幸せ」とは言えないのだろうか。


私は・・・

愛する夫を亡くした。

やり甲斐のある仕事は・・ある。

気の合う友達は、1人だけいる。

近所付き合いは、もっぱら義父母任せで全くしていない。出会った時に挨拶をする程度だ。


こんなんじゃ「幸せ」には、程遠いのだろうか。

益々・・熱が出てきそう・・。

「幸せ」になるために

結婚したのに!

ずっと、一緒にいられると思って

結婚したのに!



あっと、言う間に1人になって、


あっと、言う間に「幸せ」が逃げてしまった。

・・・そんな気がする。

たった2日間だけの大切なメル友

毎月11日・・・あっちゃんの友達の月命日。


彼は、電気屋さん!

笑顔の素敵な電気屋さん!

あっちゃんの同級生。高校も大学も違うので、どのようにして知り合ったのかは、今となっては分からないが、我が家の全ての家電は、彼のお店で買い、彼が取り付けた物。

友達でありながら我が家の大事な電気屋さん。

あっちゃんは、彼の事を、「梅」と呼んでいた。

私も、あっちゃんと2人の時には、「梅」と呼んでいた。


「エアコンの効きが悪くなったんだけど・・・梅に連絡して!」

「テレビが・・・」

何時でも駆けつけてくれた。


「LEDの電気に変えたいんだけどいくらかかるぅ?」

「◯◯万ぐらいかなー。ファクス送るね。」

「結構高いね。それじゃあ、何かおまけしてくれる?」

「わかった!」

そんな「梅」さんが、胃癌だと聞いた。入院してると知り、あっちゃんと2人で駆けつけた。

少し痩せてはいたけれど、素敵な笑顔は、健在で、その時は、

「来月には退院出来る。」と・・

病院の玄関まで見送ってくれた。パジャマ姿で、時折お腹の辺りを摩りながら白くて長い病院の廊下をゆっくり三人で歩いた。

「大事にしてね。」

手を握ってお別れした。

外は、冷たい雨が降っていた。

梅さんは、車が見えなくなるまで玄関先で送ってくれた。


それから、「梅」さんは、仕事にも復帰したとあっちゃんが言っていたのに・・!



今年1月20日・・あっちゃんが他界した。

2月に入ってから、義父母の家のテレビが故障した。

もちろん!義父母の家の家電も全て「梅」さんの取り付け!


その日の夕方・・・驚いた。

こんな事が・・あるんだ。


テレビが故障したので、義母がいつものように、「梅」さんのお店に電話すると、

「梅さんは、先月お亡くなりになりました。」と返ってきたと言う。


「梅」さんは、あっちゃんが他界する9日前に・・。ひと足先に・・。

あっちゃんが言っただろう。

「梅!?

お前・・先に来とったんか?」

すると、


「何でお前も来たんかぁ?

早すぎるやろ?」

どんな会話をしたかは分からない。

ただ、あっちゃん・・が・・、

寂しくなかっただろうなぁー・・って、「梅」さんには申し訳ないけれどそう思った。(梅さん!ご家族の皆さん!ごめんなさい。)


私に、メル友ができた。

毎月11日(梅さんの月命日)と20日(あっちゃんの月命日)

2日間だけのメル友

一度も会ったことがないけれど

大切なメル友・・

梅さんの奥様。


梅さん!

あっちゃんがお世話になります。

2人でゆっくり休んでね!

もう少し・・


時々、夏の太陽が現れてその日差しを手で覆うこともあるけれど、もう、すっかり秋。

風に

赤や黄に色を染める木の葉

歩く人の姿

暗闇に光るネオンにさえ

寂しげな優しい柔らかさを感じる。


あの日から8ヶ月・・・

私の心はあの時のまま・・・

動くことがなくて、

前に進めない。

毎朝・・・目が覚めると、

必ず探している。

もしかしたら・・・

あっちゃんの寝室で、

枕に顔を埋めて

気持ち良さそうに

眠っていないだろうかと・・・


いつも夜中に帰って来るので、

私は、その寝顔に

「行ってきます。」と・・・

小さく言って出勤していた。


もしかしたら・・・

もしかしたら・・・今日は、

いるんじゃないか・・・と、

何度もドアを開け確認してみる。


もう、8ヶ月・・

そこに居た愛しき人は、

もうここにはいないみたい。

何がしたい訳じゃない。

ただ、

「秋が来たね。もうすぐ冬だね。」って・・・

一緒に季節を感じたいだけ!