絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

哀しみ症候群

「今から帰ってお昼寝でもしようかなあー。今日は、旦那が居ないし、幸せ!」


「旦那がいないから・・・

幸せ!?」だと・・・!

私の職場には、今年1月に夫を亡くした私と、今年7月に旦那さんを事故で亡くされた職員がいる。

その前で・・・

よくも言えたもんだ!と、ムッとした。


そうなんだよね。

分からないんだよね。

人の「哀しみ」なんて・・・


本当に・・・

「夫が死ぬ。しかも、働き盛りの夫を亡くす。」と言う現実に直面しないと、この苦しいほどの「哀しみ」は

・・・・分からないのよね。

そんな事も、もうこの9ヶ月の間に、随分学習した。


仕方のないことなんだって。

愛する人(配偶者)を亡くした人しか分からない事なんだって。

だから、そんな冗談話をした本人に、ちょっぴり冷たく、

「幸せでいいねぇ。羨ましいよ。」

・・・・と、返した。

嫌味でも何でもない。

本当に羨ましいから。

私だって、

その気持ち・・

分からないでもない。


私も去年まで言っていたもの。


「旅行は、男抜き・旦那抜きよ!女だらけで出発だからね。」って・・


私も、これまでに・・

何も気づかずに・・・

傷つくなんて思いもしないで・・


平気で沢山

普通だと思う言葉を、

深く考えもしないで、

言ってきたんだろう。



自分が幸せだと・・・・

気づかないことが

結構あるものだ。

言葉にしない・・・

表情にも出さないで

「哀しみ」を押し殺している人が

そこにいる・・・・。

再生

秋の夜長・・・

見たいテレビもなくて、

時間を持て余していると、

「駄目だなー・・・」


私の心のいっぱいが

あっちゃんになってしまう。

そうなったら、もう、

泣くしかない・・・・。


ふと、リビングの一角に・・・・あっちゃんの写真を数枚飾っている狭いスペースに、目を向ける。

カラオケで永ちゃん!

両手を広げ、気持ち良さそうに熱唱しているあっちゃん。


50cmはあるだろうか?鯛を釣り上げ満面の笑みを浮かべているあっちゃん。


鹿に追いかけられ苦笑いしている。

煙草を手に、私が作ったお弁当をつまんでいる。

どれもみな、私に笑いかけているように・・・・見える。

その笑顔を見ると涙が落ちる。

この笑顔・・もう本当に見れないのだろうか。

肝臓は、再生することがない臓器だそうだ。

10年、20年をかけて徐々に悪くなっていった肝臓は良くなることがない・・・そうだ。スポンジの様な肝臓がまるで砂ずりのようにカチカチになり、養分の貯蔵庫である肝臓が、その機能を発揮しなくなる。


再生はない!


おそらく、

あっちゃんが、生きていたら、入退院を繰り返すことになっただろう。

腹水が溜まったら、その腹水を抜いたり、肝性脳症の状態が出てしまうと寝たきりになってしまったり・・すると、段々仕事も出来なくなっただろう。

ほぼ毎日通院。

体が怠く、自由が利かない。

お酒も飲めない。

食事制限もある。

体が膨れ、体型が変化する。

大好きな旅行にも行けない。

私だったら・・・

と・・考えた時・・ふと ・・

不吉な予感が脳裏をかすめる。


もう月めくりのカレンダーが、2枚となった去年の今頃・・・

あっちゃんは、お酒を飲んでいた。(多分・・隠れるようにして飲んでいたので確かではない。)

娘の結婚式のDVDを見ながら・・

自分の体には「お酒」が「毒」だと知りながら。


あの行為は、自滅!?

諦め!?


私にとっての裏切り行為!


もしかしたら・・・

あっちゃん・・・

まさか? 違うよね!

そう・・

思って、写真に目を移すと、

あっちゃんが、

哀しそうに

微笑んでいるように感じた。


今日は、もう眠れない。

お誕生日に・・「ありがとう」

貴女に遺すものが

あるとすれば・・・

小さな小さな貴女の真っ白でしわくちゃな手を握ったあの時「私の命に代えてでも、この子を守っていこう」と・・・決めた。

この可愛いらしい瞳に、全世界の美しいものを映してやろう・・・

この小さな心には、楽しさ・喜びを山ほど感じさせてやろう・・・・

そして、この小さな手で幸せを掴み取れるように沢山の経験をさせてやうと・・・。


今日、10月21日

貴女の誕生日にそう決めた。


お母さんは、

貴女がいたから・・・

幸せだった。

お母さん(私)なんて、本当は、

泣き虫で寂しがり屋。

ちっぽけな人間だよ。

力強そうに生きてきたけれど・・

肩肘張って・・


貴女がいたから・・

強がってでも生きてこられた。

貴女が、

お母さんを強くしてくれた。


お父さんが、あまりにも早く突然、死んでしまったものだから、進むべき道が見えなくなった今だけど・・・

それでも・・

貴女がいるから生きていられる。

貴女から、

生きる力

喜び

働く意欲

愛しむ心・・・をもらった。

お父さんとお母さんの子どもとして生まれて来てくれて・・・

心から

ありがとう。

お母さんはね!

お母さんのね!

人生最期の望みはお父さんのように・・突然あっさりと・・

「死ねる」こと。

誰にも迷惑をかけずに、

カッコよく・・静かに・・


これから、歳を取って、体のあっちこっちが病気になるでしょう。

そうしたら・・・・

一週間だけ、面倒を掛けるかも知れないけれど、看病してほしい。

そして、静かに、貴女の手を握ったまま、お父さんの所に逝きたい。


寂しがらないで欲しい。

哀しまないで欲しい。

お父さんの所へ逝けることを

「よかったね!お母さん!」と、言って見送って欲しい。

お葬式は必要ない。

貴女がいれば・・・

貴女のつくった家族がいれば・・


それだけで十分!


貴女に遺すものは、

貴女への想い・・しかない!


貴女の幸せを

心から願っています。