絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

聞こえない・・こえ

あたりまえだけど・・・

真っ暗な家に帰って来た。

玄関横のポストに1通の封筒が入っていた。それを握りしめ、鍵を開ける。


ムッとした空気、息苦しささえ感じる。

人の気配は? もちろん感じない。

誰もいないと分かっていても、言ってみる。


「ただいま」・・・


「おかえり」・・・って声が聞こえたらどんなに嬉しいだろう。


今まで何気なく使ってきた言葉だけれど、とても温かい言葉だったんだ・・・と、今更ながら思う。

娘が家を離れてからは、使う頻度も少なくなっていた。


「おかえり」・・・って。

あっちゃんは、コンビニを始めてから、だんだん言わなくなっていったような気がする。


「ただいま」・・・って。


夜中に帰って来たり、まだ日も昇らな い明け方に帰ったり、娘は学校、私は仕事・・・誰もいない家に帰って来たりで、その言葉も徐々に使わなくなってきたのだろう。


もしかしたら・・・、

もしかしたら、

真っ暗な家に入って、小さな声で、

「ただいま」って言っていたのかもしれない。


今の私の様に・・・

「おかえり」と答えてくれる言葉を期待せずに、

「ただいま」って。

どんな声で言っていたのかなあー?


「ただいま」・・・って。

もう少し・・・

聞きたかったなぁ〜

「ただいま」の声。


もう少し言いたかったなぁ〜

「おかえり」・・・って。


私には、もう

「ただいま」もなければ「おかえり」もないのかなあー。


そんな事を思いながら、握りしめた封筒を見た。

裁判所からの郵便だった。

始まった・・・んだ。

天からのメッセージ!

昨日見た夕陽(空模様)は、何の前触れだろうか?


今日で失踪五日目。

「そろそろ帰ろうかなあー。」そんなことを考えながらテレビを見ていた時だった。南向きの窓のレースカーテンが突然オレンジ色に染まった。


「これは?」

徐々に、ガラス越しの床から部屋全体が薄オレンジに包まれる。

まるで、四角い魔法の箱の中に入り込んだようだった。


とても綺麗だった。

天井に目をやった。


天井は、大きなキャンパスになっていた。

私は、暫くオレンジ色のキャンパスを眺めていた。

仰向けに寝転んで、じっと見ていると私の体が浮かんでいるように感じた。


自然と涙が流れた。

「あっちゃんが観てる。」そんな気持ちになった。


すると、太陽の光を雲が遮ったのか、オレンジ色の真ん中が真っ直ぐに白く濁った。流れる川ができたようだ。そして、ゆらゆらと揺れ始めた。

毎日雨続きで、久しぶりに夏らしい青空が見えた・・・・・昨日だった。


宇宙がくれた贈り物だったのか。


しばらく綺麗な不思議な箱の中にいると優しい気持ちになっていた。


家を飛び出したときのあの鬱陶しい気持ちを忘れていた。


きっと、あっちゃんの仕業だろうと感じた。

私に壮大な絵画を

見せてくれたのだろうか。

「お前の好きなようにしたらいい・・」

そう私に言ってくれているのだろうと、都合よく解釈した。

今日、帰ります。

あっちゃんが居ないあっちゃんの家に・・・・。

次の失踪まで・・・

鬼嫁奮闘記①

カーテンを開けると、見慣れない風景が広がっていた。

夏・・・

始まったばかり!

朝から、夏が来たことを喜んでいるかのように蝉の大合唱。


「初盆のことだけど・・・」

朝っぱらから声をかけられ、蝉の鳴き声のように鬱陶しく感じ・・・

出て来てしまった。


何故だろう。

鬱陶しい!


こんな時、本当は肩寄せ合い、支え合わなくてはならないということは、よくわかっている。そうしたいとも思っている。

だけど・・・・何故か息苦しい。


あっちゃんが、息を引きとった直後だった。あの時私は、娘と義父母と手を取り合って泣いた。肩を寄せ合って泣いた。そして慰め合った。


私は言った。

「任せとき!」と。


胸を叩いても見せた。

義母は、言った。

「義弟もね!」


「もちろん」

本当にそう思った。

あの時は・・・私が全てを背負ってやろうと。


だけど、今・・


冷めてしまった自分がいる。

現実が見えるようになったと言った方が正しいかもしれない。

私には、あっちゃんの代わりはできそうにない。




嫁はやめたんだった。


これから、

本当の闘いが始まる。