絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

醜い・・正体

「本当に優しいですねぇ。相手が強かろうが、子どもだろうが、怒っていようが、泣いていようが優しい対応に感心します。」

・・・・って今日言われた。


これって、褒め言葉として受け止めていいのでしょうか。

でも・・・でも・・

ごめんなさい。

それは大きな誤りです。

優しく?接するのも、

叱るように言わないのも、

怒ったような

態度を見せないのも、

少し見せる微笑みも・・・

心が・・・ないから・・

真剣に考えていないから・・・

「どうでもいいから・・」

優しそうな態度になっているだけ。

以前、「悲しみを沢山知った人は、人に優しくなれる」という考えに反論したことがある。

今もその考えは変わっていない。

私自身が全く「優しく」なっていない。

やっぱり・・・

人は、自分自身にゆとりがないと、相手の事を考える余裕がないから「優しく」なんてなれない。


本当の優しさとは、損得勘定なく、相手のために接することだと思う。見返りがなくても、お礼を言われなくても、例え 嫌われても、「相手の幸せを心から願って」接することが、本当の優しさだと思っている。

今の私が、

「相手の幸せを願って」なんて・


そんな気持ちには、なれない。

あっちゃんと喪主

夢のような一年だった。

死に対する「絶望」

裏切りに対する「絶望」を感じ、

哀しい一年は、静かに流れた。


何度も行った海・・・

真っ暗になって、人の姿が見えなくなると、大声で名前を呼び・・・・叫び、大声で泣いた。


人と会いたくなかった私が行く場所は、その海と娘の住んでいる町・・知らない街・・。

一人でいることで、見えないあっちゃんと向かい合うことができた。


静かだった。

毎日が静かだった。

あっちゃんの部屋の中。あっちゃんの匂いも香水の匂いも薄れてしまった。

中途半端に残っている香水の瓶が20個近く。それを時々手に取り振りまいてやる。

そう言えば・・・

今年・・・は、

私は新年早々、

「喪主」になっていた。

マイクの前に立ち、あっちゃんの遺影を後ろに「喪主挨拶」・・・。

ずっとずっと・・・何年も前のことのように感じる。


「あっちゃんのお葬式」だなんて!

そんなことがあったなんて・・・

哀しい・・寂しい一年だった。

静かな時間が過ぎる。

私には、

「2分の1」の未来しかない。

それでいい。

それで十分。

「2分の1」✖️2=1

顔は、ジャニーズ系。スタイルもバツグン!

話は面白く、ひょうきん者。そして誰にでも優しい人でした。


でも、7、8年前から徐々に容姿が変わってきてしまった。

それを、お酒と不規則な生活、不摂生、ストレス・・・原因の殆どが「コンビニ」にあると私は確信していた。

彼の容姿が変わっていったのは、彼の「肝臓」が悪くなったのは、病気になったのは、平均寿命を26年も残して「死んでしまった」のも・・全部が全部!『コンビニ』のせいだと思っている。そう思う事で、少しでも楽になりたかった。

でも・・・なんでも、『結果には必ず原因がある』


私が、

もっと家庭的で・・

料理上手で・・

慎ましやかで・・・

コンビニの事・・

あっちゃんの事・・一番に考えていたら、あっちゃんは今でも元気に大好きなお酒飲んで、満面の笑みを浮かべていたかもしれない。


最悪の結末を

もたらしたのは私が原因・・

そんな夜

決まって見る動画がある。


今年の1月16日

昏睡状態から目覚めて二日後

腫れ上がった手を

摩りながら・・・

「あっちゃん!私といて幸せやっ た?」


「お前がおらんといけん。」


「なんで?」


「お前がおらんと・・・皆んなが寂しがるやろ・・・。」

「でも、コンビニもあんまり手伝わんやったし・・・しんどかったやろ?」


「ええわいのぅ。」


「それで本当に良かった?」


「おぅ。」

「お前が、自分の好きな仕事してくれてよかった。」

・・・・・って。

「あっちゃん・・・ありがとう」

(息を引きとる4日前のことだ)

他のDVDやビデオは、見れずにいるのに・・・入院中の携帯の動画は、何故か繰り返し観ている。


確かに「結果」は・・・カッコいいものではなかったし、まだまだ、人生半分だったし、「死」という最悪な終わり方だった。


でも二人作った「原因=環境」は、

結果をみると良いものではなかった。だけど、楽しく幸せなものだった・・と思いたい。

一緒にいれた時間は、人の「2分の1」しかし、 人の「2倍」愛しい生活だったに違いない。