絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

あっちゃん!いこう・・。

寝転んで空を仰いでいた。

今年は、秋が早いと・・・喜んでいたのに。

やっぱり日中は夏の太陽が、時折季節が移り過ぎていくのを惜しむかのように顔を出す。


目を細め揺れるカーテンを見つめていると聞こえてきそうな気がする。


「行くかぁ〜。」・・・


私が退屈そうにしていたり、つまらなそうに寝そべっていると必ず声を掛けてきた。


「行くかぁ〜。」

外へ連れ出してくれる合言葉。


「うん。行く。」


飛び起きて、ニヤニヤしながらあっちゃんに近づく。


そんな人だったのです。

昨年12月29日緊急入院し、10日後にはICUの個室に入り、腫れ上った体は動かすことも困難。その上、完全絶食の日々。そんな中にあっても・・

「今日は、さばを焼いて食べれ!」


「遅くなったから、ココイチでカレー食べて帰れ!」

「ゴン(私のあだ名)は、腹が空くと機嫌が悪くなるから、早く帰ってご飯食べれ!」


義母には、

「あいつは、雑煮が好きやから準備してやってくれ。」って・・


緊急入院して、年末の31日に「24時間の余命宣告」・・・・お正月の雑煮なんて、食べる気にもならなかったし、食べれなかった。そんな私を思って、義母にそう言ったそうだ。 (昨年末12月29日緊急入院、今年1月20日死去)


パクパク何でもよく食べる、私を見るのが、

とても好きだったみたい。


私の笑顔が嬉しかったみたい。

「ダイエットせぇよ。」と、言いながらも、

「これ食え、あれ食え・・・」

クリスマスのケーキなんか、コンビニで2、3個買ってきて、

「 ホール食い」・・・・。

私の一番近くにいた人は、

一番長く一緒にいた人は、

私が愛した人は・・・

私より、ずーっとずーっと笑顔が素敵な人でした。


気持ち良い秋風にまぎれて、

今日も聞こえてきそうな気がする。


「行くかぁ〜。」

今日はお墓の前で待っていて!

記憶がなくなればいいと思った。(軽率な非常識な発言をお許し下さい。)

でも本当にそう思った。

高速を走る車の列。私も家路を急いでいた。

沢山の赤いテールランプが家族で過ごした大型連休の楽しかった思い出を物語っていた。


家路に着いたら、沢山の土産話に花が咲くのだろう。賑やかで、そして、明るい灯がともる我が家へ、みんな急いでいるようだった。

私が急いでいたのは、あっちゃんの眠るお墓に行くためだった。

着いた頃は、辺りはもう、薄暗かった。


お花も、お線香も持たずに・・

あっちゃんの所へ

墓石を両手で撫でながら・・・

墓石にすがりついて・・・

やっぱり泣いてしまった。



🎶 私のお墓の前で泣かないで下さい。そこに私はいません。眠ってなんかいません。🎶・・・・・って歌っていたけど。

やっぱり・・

「ここかなあー。」っと思って・・

あっちゃんと話をした。

生きていた時と同じように黙って聞いていてくれた。


後から後から涙が伝う。

辺りはすっかり暗くなっていた。

「何処へ帰ろうかなあー?」

やっぱり・・・もう少しで人手に渡ってしまうけれど、あの家しかないのかなあー。


(実は、お墓に入れる骨壷に入りきれなかったあっちゃんの遺骨が自宅の骨壷の中にある。

一周忌を目処に、喉仏と一緒に大谷本廟に持って行こうか、将来「納骨堂」を考えているので、大切にお寺に保管して頂こうか、遺骨ペンダントを作って肌身離さず持っておこうか・・思案中です。)



帰ることにした。

あっちゃんのいない家に。

きっと・・・私の帰りを一人で寂しく待っているに違いないから。


無くしてしまいたい。

私の記憶。

忘れてしまいたい。

あっちゃんが、

死んでしまったこと。

日本一!自由人

「絶望」の果てに自由があると・・

聞いた。


どんな自由があるのだろう。

自由ってなんだろう。

今、私はすごく自由なんだけど・・


もしかしたら、「日本一!自由人」なのではではないかと思えるくらい。


好きな物食べて、好きな時に寝て、好きなだけテレビ見て、気が向いた時だけ料理して、逃げたくなったら逃げて、話したくない時には・・海に行って・・・

本当に 自由なんだけど・・・


でもきっと、これらは「本当の自由」とは言わないのだろう。


意味のある自由とは言えないだろう。

自分の欲望のまま行動する。自分勝 手なわがままな生き方なんだろう。


ただ、時間を好きなように使えるから、だれも文句を言う人がいないから・・・できている「自由」。


あっちゃんがいないから・・・

しょうが無いから・・・

つまらないから・・・

「自由」にしてる。


自分が「やりたいことができる」ことが、「自由」だと思っている。

私が本当に「やりたい」ことは、 好きな物食べて、好きな時に寝て、好きなだけテレビ見て、気が向いた時だけ料理して、逃げたくなったら逃げて、話したくない時には、海に行って・・

では・・・ない。


あっちゃんと二人で、

食べたい物食べて・・・

行きたい所に行って・・・

金曜日にはデートして・・・

好きなように、思うように・・・

働く時には働いて・・・

休める時には、力一杯休んで・・・

そんな日を過すことが、私の望んでいる「自由」


でも、

あっちゃんは、もういない。

一人でいると・・・

自由って・・・あるいみ・・

とても 「 不 自 由 」