絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

死別の会で逢えた母

今、私が癒されるのは、心寄り添える人と話すことだと思った。

ずっと前から気になっている集会があった。

大切な方を亡くした人の悲嘆を分かち合う会・・・・


「死別の会」


インターネットで調べて、家から一番近いその会に参加してみることにした。


できれば、同年代ぐらいで、ご主人を亡くされた方と話してみたいと思った。


会場に入ると、 20人近く人が集まっていた。



「こんなもんか」

かなり意気込んで出かけて来たので、気落ちしてしまった。しかも、会場にいる人の平均年齢は、70を確実に越えているように見えた。


少し残念だった。

同年代の方と話したかった。


それでも先輩の方々のお話を聴くことできっと、建設的な気持ちになれるのではないかと期待し、椅子に静かに腰を下ろすことにした。


会場に入った時から私は、不思議な気持ちだった。入り口で頂いたパンフレットに目を通しているうちに、涙が自然と出てきた。


ハンカチを出した。

ここは「泣いてもいい場所」・・・・そう思うだけで、泣けてきた。


誰にも遠慮せず思いのまま・・・に。

午後2時ぴったり代表者の話が始まった。

代表の方は息子さんを14年前に亡くされたようだった。しかも息子さんは、失踪し自死したようだった。


ひとり一人現在の心境を話し出した。


私の番が来た。


一言話し出すと、涙が一気に溢れ出してしまった。

泣きながら・・声を詰まらせながら、

「この会に参加しようと思った理由」

「緊急入院して、亡くなるまでの事」

「後悔している事」

「私の居場所を探している事」を、思いつくまま話した。


本当は、質問してもらいたかったし、アドバイスも欲しかった。だけど、それを求める場所ではないのだと気付き、次の方へマイクを渡した。


この会の趣旨には大いに賛同できた。ただ、要望がある。


まず、会場に心地よい音楽を常に流してほしい。


次に、順番にマイクを回しながら話すのではなく、自主的に話したくなったら、自分の事でも、今話した方への質問でもできるように・・・・・自然に言葉が出せるような「話したい時に話す」雰囲気をつくって欲しい。


そして、


より、共感し、分かち合うために、グループ討論もしたい。

①年齢別で、


②配偶者・親・ 兄弟・子・・・など

大切な人別で・・・・

物足りなかった。

この会は、

「これが最初で最後かな。」

でも、帰り際に・・・

私の隣に座っていらした80代の女性が、私の背中を撫でながら、「貴方が元気でいる事が大事よ。」と言って下さった。


お母さんみたいだった。

義父母でさえ私の背中を撫でてくれなかった。


「貴方が大事」なんて言ってくれなかった。


お母さんに出会えた・・・

生きていたら


私の背中を撫でながら、きっと!


「貴方が元気でいてね・・・・」ってやっぱり言ってくれただろう。


そのお母さんの細い肩で暫し泣かせてもらった。


ありがとう!


お母さん・・・・。

嵐の夜に・・

嵐の夜に一人なんて・・・


昨日仕事が終わって、スーパーによって、チーズケーキと塩パン、かっぱえびせんにオレオ、それからみかんを買って・・・・・

晩ご飯用のおかずをお惣菜屋さんで調達して・・・・家に帰った。


準備万端!!

「何の?」


「嵐の夜の!」

後は、台風が来ようが・・・・・・・鬼が来ようが・・・


なんとかやり過ごす覚悟をして時間をつぶした。


そう言えば、「あらしのよるに」という絵本があった。



嵐の夜に・・・二匹が居合わせた小屋の中・・・・

ヤギは、そこに居るのがオオカミだと知らず・・・!


オオカミもヤギだと分からず・・・!


暗闇の中お互いの姿が見えないから。(食う食われるの関係)


二匹は話をした。

嵐が治る頃、二匹は、再会を約束する。

互いのことを知らずまま・・・


嵐の夜にオオカミとヤギは友達になった。

「不安」な時間を共有し、それぞれが見えない「温かさ」を感じたからだろう。

人は、人の声を聞くと安心するものだ。


そこに「一人じゃない」と分かると、ほっとする。


同じ不安を共有していると思うと、私が強くならなくてはという気さえしてくる。


そこに一緒にいる誰かのために優しくなろうとさえ思う。


ガタガタと揺れる窓ガラス

バンバンうるさい換気扇の音に・・


風の音・・

窓を叩く雨の音・・・・

この家には、誰もいない。


いや、物言わぬあっちゃんが、きっといてくれているはず。


嵐の夜に、泣いた。

台風に腹が立って泣いた。


嵐の夜に、テーブルいっぱいの食べ物を見て泣いた。

声に出して泣いた。


泣き声をかき消すために大音量でテレビをつけた。


今日は、どの家も閉めきっているだろうし、外はうるさいし大丈夫だろう!


久しぶりに家の中で


「あっちゃん!」って叫んだ。大きな声で、三度・・・・!



嵐は、きっと、私の声をかき消してくれただろう。




嵐が過ぎた。


今日は静かな夜が来た。

半年・・・

夏が来た。


あっちゃんの好きな季節です。

夏はコンビニが活気付く季節なんです。客単価(一人のお客さんが商品を買う金額)がアップ。入店者数も増える。気温も高い。これらが相乗効果をもたらし、売り上げは上昇!

おまけに、学生達が休みになるので、スタッフの数も充実!


だから、心なしかちょっぴり嬉しいあっちゃんの季節なんです。


そんな季節がまたやって来た・・・と言うのに、当の本人がいないんじゃ意味ないよね。

おまけに、あっちゃんの店は、人手に渡ってしまったし・・・・・。



私は、絶対の絶対の絶対に・・・・・そのコンビニには行かない。

同じ名前のコンビニでは、絶対!買い物しない。


そう決めている。



吐血して、緊急入院して・・・大晦日に「24時間の命」と、告げられて・・・


あっちゃんは、1月・・あっと言う間 に逝ってしまった。

泣いて暮らした2月だった。

裏切りを知り奔走した3月だった。


弁護士に出会い、生きていくための道標をもらった4月だった。


二人で大切にしていた物が一つ・二つ・・・と、なくなっていった5月だった。

生活を再構築しなければ・・・と、心落ちつかない6月だった。


もうすぐ半年・・・

足踏み状態の7月。

まだ、何も進んでいない。

暑い夏・・・

遠出をしてみようかなあー!

まだ、見たことがない場所へ・・・

行ったことがない所へ・・・


新鮮な気持ちでそこに立ちたい!

何かを発見するために!

早く!来い来い!


夏休み・・・。