絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

ピリオド・・・一つ

確かに・・・

私の人生は終わった・・・そんな気がする。

未来への階段も途切れた。

あっちゃんの死とともに・・・

私の過去と未来までもが消え去ってしまった・・・・・。



そうなんだ!

あっちゃんの妻としての私の人生は終わった・・・・のだ。

あっちゃんと二人の未来への階段は途切れ、永遠に閉ざされたという訳だ。


だけど・・・・

私は、まだ母である。


私は、まだ嫁である。

私は、 社会人、仕事人である。(必殺仕事人ではない!でも、なれるならなってみたい)


そして、一人の女性である。



愛とは、裏切りなのだろう・・・。


ならば・・


私は、今、『嫁』を捨てよう。

人・・・嫌いなのに!

突然の夫の死から始まった一連の出来事。

こんなにも早く大切な人との別れが来ようとは思ってもみなかった。

穏やかだった人生が一転した。

私の人生が終わった。未来への階段が途切れた瞬間だった。

泣いても、叫んでもどうにもならないということを、この四カ月で悟った。


一人で過ごす長い長い夜、想い出の曲を流しながら、声を詰まらせ泣いた。毎日毎日泣いた。泣けて・・・泣けて・・


人間の涙って、何リットルあるんだろうって・・・考えることもあった。


そんな日を過ごして来た。

現実と幻想・・

私は、どちらの世界で今、生きているのかわからなくなる時がしばしばあった。


本当に私は今生きているのだろうか。と、さえ思う。

分からなくなる。


人は、人がいてこそ生きられるのだ。

人は、傍に人がいてこそ、「生きている」と、感じられるのだ。

だから・・・今の私はわからない。

生きているのか?

それとも死んでいるのか?


「時間が薬」と、人は言った。


そんな事はない。絶対にない。

悲しみは日に日に深くなるばかりだ。


「仕事をしていたら気が紛れる」とも聞いた。


そんな事もない。沢山の仲間の中にあっても、私自身が笑っていても、あっちゃんのことを考える。彼の姿を探し、人と重ね合わせてみる。

「今、あっちゃんも笑っているだろうか。」

「もっと二人で笑いたかったなあー。」

・・・・笑顔を思い出し、胸が締めつけられる。


「悲しみをたくさん味わった人は人に優しくなれる」

これこそ、 大間違いだと知った。

そして、まさか!

私の人生の中・・・弁護士と関わるようなことが起きようとは・・・。



相続放棄、裁判・・・殺人鬼コンビニ問題勃発。


きっと、これは幻想の世界・・・


いつまで・・・

いつまで・・・続くのだろう。


あっちゃんさえいてくれれば・・・


それだけでいいのに・・・・


私は、今日も「あっちゃんに一番近い場所」に、やって来た。

人間嫌い

いつまで、泣いてていいのですか。

いつまで、苦しんだらいいのですか。

いつまで、待ったらいいのですか。

いつまで・・・・

いつまで・・・・?


今日は、久しぶりの雨だった。

窓ガラスを打つ雨・・・

窓ガラスを流れる雨のしずくが、後から後から重なって、川のように流れていく。

ぼんやりそれを見ていると、

しばらく、乾ききっていた私のほほに涙がつたう。

地球に雨が必要なように、

人には、涙が必要なんだ。

我慢していたわけじゃない。

あっちゃんのことを一日たりとも思わない日はない。

愛おしくて、愛おしくて、会いたくてたまらない。


だけど、だけど、100%無理なこと。


永遠にあり得ないこと。


分かっているから。悲しい。


悲しみを沢山味わった人は、本当に優しくなれるのだろうか?

今の私は全くそう思えない。

私は、優しくなんかなっていない。

むしろ、人間嫌いになっているようにさえ感じる。


いつになったら、 優しい眼差しで人を見つめることができるのだろうか。


いつになったら、自分のことを許せるのだろうか。


まだまだ・・まだまだ・・・先のことだろう。


いつか・・・ いつか、

人の笑顔が

素敵に見えるようになった時、

人に優しくできるようになった時・・・

ありのまま自分を受け入れ

自分を好きになるのだろう。



でも、今は・・・・

もうしばらく人間嫌い!