絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

許せない秘密

人は海を眺める時、何を思うのだろうか。

近頃私は、娘が小学生だった時に、三人でよく行った海に向かって車を走らせる。自然と足が向かうと言っても過言ではない。

海を何時間でも一人で眺めているのだ。


そんな行動をとるようになったのは、あっちゃんが死んでからだ。

昔の思い出を探しに行くわけじゃない。あっちゃんの在りし日の面影を求めて行くのでもない。


海を見ていると、捨ててしまいたい物がはっきりするから。

海を見ていると、今こうして悩んでいることは、ちっぽけなことなんだと感じることができるから。

海を見ていると、「私は一人なんだ。」と辛いけれど、そう思わされる。自分の足元は、自分で固めるしかない。と、そんな気持ちになったりもする。すると、自然と涙が出てくる。涙が出ると、私を裏切り、どん底に落としたあっちゃんを恨めしく思う。

そして、また悔しくて涙が出る。

その涙は、やがてだんだん温かくなり、不思議とあっちゃんが愛おしくなってくるのだ。そして、あっちゃんの名前を叫びながら泣く。

その繰り返し・・・・。


海は、私の浮き沈みの激しい心をありのままに受け止めてくれた。



あの日は本当に驚いた。

我が家に来たのは、いつもの担当者だけではなかった。

「お電話いただいた時に、奥様はご存知ないのかもしれないと思いまして、今日は、二人でお伺い致しました。」


「は・・ぃ?」


「実は、ご融資していたお金がありまして。」


「ご融資?」

「はい。」

上司と思われるほうが、名刺を出し、数字を書き始めた。


「一、十、百、千・万、十万・・・

?? 」


「何この金額!」

家を買ったわけじゃない。車だって、13年式のオンボロ車。一体何に・・・・・?

全く分からなかった。

彼が、お金を借りていたなんて本当に知らなかった。必要ないのですから。我が家にはそんなお金は。

思い当たるとすれば、コンビニだった。コンビニに必要なお金?

何に使ったのだろうか。あんな大金!

本当のところはあっちゃんしか分からない。



しかし、全く気づかなかった。

そして、とにかく、その額に驚いた。

保証人の欄には誰の名前もなかった。

「御主人様は、ご家族の方に迷惑がかからないようにと、思われたのでしょう。」

「いや。十分迷惑がかかっているから。」


返せないよ。このお金・・・・。

黙ってお金借りて・・・

腹が立って腹が立って・・・

訳が分からなくって・・・

悔しくて仕方なかった。


知らずにいた自分に腹が立って泣いた。

あっちゃんに、腹が立って泣いた。

許せない!



あっちゃんが・・・。自分が・・。



でも・・でも、どうすることも

できない・。

最大の裏切り

葬儀会場を知らせる白い看板。そこに、あっちゃんの名前が書いてあった。



会葬御礼の葉書の 喪主の欄に、私の名前が印刷してあった。

わたしは、この二つの冷酷な、人の気持ちも考えない薄情な代物に、あっちゃんの死を確信させられた。


体の周りに、ドライアイスが置いてあって、そこで寝ているあっちゃんを見ても、棺桶の中にいるあっちゃんを見ても

あっちゃんの死を受け入れられずにいた。


文字の力は、すごいと思った。目と脳と心に入ってくる。


本当に、本当に、

あっちゃんは、死んだんだ。



お通夜、告別式も終わった。

みんなが、てんでに帰っていく。寂しくなった。


毎日泣いた。遺影を抱いて・・

あっちゃん(遺骨)を抱いて・・・


泣き疲れて眠りについていた。


告別式が終わって、1週間が過ぎた頃たくさんの仕事があることを思い出した。


これから、私一人の生活が始まる。

いやだなあー!

あっちゃんがいないなんて。

一人?生きていけるかなあー?


まあ、とにかく、

水道、ガス、電気に電話をどうにかしなくっちゃ!

そして、自動車の名義変更しなくちゃ。

それから、コンビ二は、どうなるんだろう?


不安だらけ・・・・全く何から手をつけていいのかわからない。


まずは、ライフラインだろうと思い、銀行に行って手続きをした。車も名義変更した。

コンビニは、本社から二人の人が来てくれて、「合意解約」することになった。(しかし、後でいろいろな問題がでてくる。)


そこで、私は、コンビニの毎日の売り上げを払い込んでいたもう一つの銀行に電話し、通帳解約をお願いしようと思った。


ただ、通帳の解約を、それだけをするつもりだった。ただそれだけのつもり。

すると、

「お話したいことがあるのでお伺い

します。」


「はい。わかりました。お待ちしてお

ります。」


少し、不思議に思ったが、あっちゃんの葬儀前にわざわざ家に訪ねてくれて、若い男性の担当者だったが、涙を流してあっちゃんの死を悼んで下さった。きっと深い思い入れがあるのだろうと、大して気にもせず、その日を迎えた。今でも、覚えている。


今年の2月3日。あっちゃんが死んで、14日。(ふた七日)


私の人生感が変わった日!


全く知らなかった。


どうしたらいいのよー。

教えてよ!あっちゃん!


あんまりよ。


最大の裏切り・・・!


大好きなあっちゃんに


裏切られた!

どうしたら・・・・いいのよー!