絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

あなたがいない…

不幸せな訳じゃないんです。


近くには娘夫婦がいるし…

仕事もあるし…


一人でのんびりできる住処もあるし…

ご飯は美味しいし…

たまには、娘とランチをしているし、

欲しい物は買ってるし…


でも…一番必要な人がいないのです。

つくりだす…孤独感

孤独だったのかも…

沢山の人の中にいても「孤独」を感じることがありませんか?

沢山の人の中だからこそ「孤独」を感じたことがありませんか?


私が、そうだった。

いや!今でもまだ哀しい「孤独感」と闘っている。毎日…。


多分、心の中にできた大きな大きな穴は底無しで、限りなく哀しみの世界が続き、新たな種類の哀しみ作り出しているようだ。


私はその「孤独感」を、あっちゃんがいなくなってから感じるようになった。

そして、その「孤独感」というものは、一人だから感じる・・っというものでもないことを…やっぱりあっちゃんがいなくなってから知った。


あっちゃんは孤独だったのだ。

あっちゃんが、

黙ってお金を借りたのも…

毎日お酒を飲んだのも…


何もかも話さず…

一人で考え、一人で抱え…

身体が徐々にしんどくなっていることや仕事にも影響が出ていることを全く口にすることがなかったのも…

私がいるのに「孤独」だったからだ。


孤独が病いをつくり、

心と身体の病いが益々孤独にさせてしまった。


何処かで出したシグナルも軽く見過ごした。


気づくのが遅過ぎた。

孤独にさせたのは私だ。


だから…耐えなきゃ! もう少し…。

あっちゃんの手と手

6両編成の列車が行き来する。その小さなふみきりの向こうになっちゃんの通う保育園がある。

娘と2人で歩いて迎えに行った。


昨日までの雨が辺りを洗ってくれたらしく道端の草木が生き生きとして見える。

カンカンカーン・・・

時折鳴り響く踏切の音が心地いい。


そう言えば…

小さかった娘の手を引いて毎日保育所に連れて行ってくれたのはあっちゃんだった。保育所の近くまで車で乗り付け、どのくらいだろう。たった2、300m。毎日手を繋いで歩いた。朝、保育所に行くことをぐずった時も、雨の日も、カンカン照りの暑い日も…毎日…5年と6ヶ月

小さな…か弱い手を包んで歩いた。


娘はきっと、その優しくて、大きな手の温もりを覚えているだろう。

あっちゃんはきっと、地球に存在するあらゆる危険な物から、娘を守ろうと、小さな手を…けして離さないように歩いていただろう。


その手を…

こんなに早く手離すことになるとは・・・思わなかった。


あ!なっちゃんと娘が保育園から出て来た。

「あ!ばぁば」…

走って駆け寄る。


両手を広げて抱き抱え、小さな小さな手を優しくしっかり握って歩き出す。

この手を…あっちゃんのところへ逝くその日まで包んで生きよう。

本当に…かわいい 手!