絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

つぶやき…秋だから。

これが私の人生なんだと…割り切ってしまえば楽になれるのだろうか。

多くを求めず…

ただ受け入れるだけ…


これ以上ない哀しみを・・・

受け入れた訳ではないが…


感じた私は…


きっと…

それまでとても幸せだったと…いう証だろう。

その幸せがあまりにも突然に…そして、思いも寄らず早くに途切れ消え去った為に…私はまだ過去に心を残したまま…で、


二人…でいた幸せを諦めきれずにいるのだろう。


頼りにしていたのに…。

強迫観念

あっちゃんには悪いけれど…

あっちゃんがいなくなって…

実は・・・

私の心の中の不安要素が随分減った。


「今日は倒れることはないだろう…か」って、毎日毎日ドキドキ…心配し、いつのまにか職員室の電話が鳴る音にも過剰に反応し、「もしかして⁉︎家からの呼び出しの電話」と、不安になった。


近くで救急車のサイレンを聞けば、

「まさか!あっちゃんが運ばれたのではないだろうか…」と、ヒヤヒヤした。


眠っている貴方の顔の近くに耳をやり、息をしているのを確かめた。


家の中で「ドン!」という音を聞けば、心臓をバクバクさせながら、貴方の姿を探した。


私は強迫観念に駆られていた。


私は随分前から貴方が遠くへ離れて逝ってしまうような…そんな嫌な予感がしていた。


でも…今


貴方の心配は全くしていない。

気づく… 〜最終の目的〜 【後編】

台所に私はいた。


一瞬!お尻に何かが刺さった。

お尻にそれはそれは強い痛みを感じた。

血は出ていない。

しかし刺すような痛み。

振り返るが誰もがいない。


いや!いた。

あっちゃん!

ビービー弾を構えたあっちゃん。


ビービー弾を握り取り、投げつけた。

思い切り・・・床に…。


ビービー弾は床で飛び跳ね、破片が飛び散った。

ビービー弾が壊れた。


あっちゃんは腹を立てた!


その時初めて、言い合いになった。

どちらが悪いかは、言わずもがなだ。


相当…壊れたおもちゃのピストル…?が大事だったようで。やっと見つけて買ったのに…と、しばらく嘆いていた。


さて…話を本題に戻して・・

そのうち、子どもの話が・・・徐々に触れられたくない・・・

しかし相手は知りたいと思う核心の部分に差し掛かかる。

彼女が一人息子である事、ご主人とは上手くいっていないことを…それでも60まではなんとか離れず頑張ってみると思っている事を話し始めた。


私もいつしか、その話の流れにのまれ…

主人とは死別していること、

初めて知った借金のこと、

義父母をおいてここに来ていることを話した。


話してしまった!

私は以前…

何でも話せる人を求めていると言った。

聞いてくれる友と出会いたいと…。


私の事を全く知らない人と出会いたいと…言った。


しかし、少し違っていたことに気づいた。


人に、主人の事を話したところで全くスッキリすることはなかった。むしろ!あそこまで正直に話さなければ良かった…と少々後悔すらしている。

私は、自分の事を、「話せるようになる」事が、最終の目的であると思っていた。

それができるようになった時こそが、「最愛の人の死を受け入れた時」であると…思っていた。


でも…本当は。違っていた。


人の様々な話を、自然に…

「聴けるようになる」事こそが、私が望んでいる最終目標だとわかった。