絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

生きられる理由

安定期に入った妊婦は、とても元気だ。

なっちゃんは保育園、旦那さんは仕事の平日の少し遅い朝・・・


メールが届く!


「10時半でお願いしまーす❤️」


❤️マークだ。


朝寝坊して化粧もしないで、寝たり起きたりの繰り返し…今日の休日はゴロゴロ日でいこう!っと思っていた矢先・・のライン。


どんなに哀しくても…しんどくても…食欲旺盛な私は、

「ランチしよう」って…

「美味しい物食べに行こう!」って言葉に弱い。


化粧もせず!

娘の家まで車を飛ばした。


美味しいランチにありつけるのも…

お喋りを楽しめるのも…


娘が近くにいるから…


私の決断は間違いではなかったと感じる瞬間だ。

「死ぬまで…一人」が嫌なんだ!

一人の時間は好きだ。


でも、ずっと、ずーっと…

「死ぬまで」一人でいなければならないという事が嫌なんだ!


毎日会えなくても大丈夫!


でも、ずっと、ずーっと…

「死ぬまで」会えないのが…嫌なんだ!


時間を自由に使えるって最高!


でも、「今度はどうする」って・・・約束できないことが…嫌なんだ!

「嫌なんだ!」「嫌なんだ!」って、いつまでもいつまでも思っている自分が、一番・・・嫌なんだ…。

「こんな人生…嫌なんだ…!」ではすまされない!

こんな人生でも生きなければならない!

こんな人生だから…って!死ねないのだから!


落ち込んで、ふてくされて…

仕事のことも…

家事も、

家族に対しての責任も、

人付き合いも…、

何もかもが適当で・・・

この数年…世の中の流れに目を伏せ、耳を塞いでいたから、気がつけば、自分にめっきり甘くなった私がいて・・

どんな時でも…

「私は、哀しい思いをしているのだから!しかたないじゃない!好きにさせて!」…って逃げてきてしまったものだから・・・

何もかもが中途半端で・・・

私の心と同じように停滞している。


だけどこの頃気になり始めて…


「人生のケジメ」というか…「人としての区切り」を付ける事を始めていかなければならないのではないか…と。

動いてみようかなぁ。

絶望の底から見える恋しい光

なんという…1年の幕開けだったのだろうか!

全く・・・。


娘が言った!


「私達は…年末年始は呪われているから、気を引き締めて過ごさないと…ね。」


本当にその通りだ。


あっちゃんが緊急入院した4年前の12月29日。3日後…は確かに正月だった。しかし、年が明けてからも、不安と恐怖で落ち着かない毎日の連続で…心と体は徐々に壊れていった。

修復ができないほど壊れた。


あれから…4度目の新年を迎えた。


年末の「終わる」充実感を、

年始の「始まる」清々しさも…

今年も全く感じる事がなく…

どんよりとした…重たい空気の中で1年の幕が開いた。


4年前にも感じたような…

息が詰まりそうな…


あの時の・・・

「呪われた時間」がまだ続いているかのような幕開けだった。


来年こそは解き放たれたい!

「終わる」充実感と「始まる」清々しさを、心いっぱい感じたい!