絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

おまけの人生

心の半分以上がえぐり取られてしまったから…、

私は随分変わった…と思う。


60になっても…70になっても…

私が死ぬまで一緒にいられるだろうと思っていた人が・・

「ごめんね」も言わないまま…

許してもいないのに…

こんなにも早く…先に逝ってしまったのだから、心も、私自身も変わってしまっても仕方ないだろう。


あれから…

生きては…みた。

たった2年と8ヶ月だけど…

こんな世の中で、

あっちゃんが居ない世界で、

生きるためには・・・

今迄の私のままでは…


生きられなかった・・・。


だから…

1人でも生きられる場所を探した。


いつの頃からか…幸せを積み重ねていく場所は必要ないと思うようになった。

いつの頃からか…日にちをただ…ただ積み重ねていくだけでいいと思った。

世の中のあらゆる執着心が薄れ、自然と一体化したような…そんな気持ちにさえになっている。

良いのか悪いのか分からないけれど…、

あんなに山ほどあった雑念が、少しずつ少しずつ剥ぎ取られていくようにも感じた。

それでも…夫婦と言う言葉に過剰に反応したり…、

「夫がね〜、」って話し出すと耳を塞ぎたくなったり…家族がテーマである番組は見ないようにしたり…まだまだ気持ちは不安定だけど・・・



こんなにも解き放たれたような気持ちになることがあろうとは…思いもよらなかった。


あっちゃんがいないこの世界は、一生懸命生きる必要などない。私にとって、おまけの人生だから…

ありのままに・・・っと。



「哀しみ」がくれた…

たった1つの贈り物は、

「諦める心地良さ」だった。

タイミング

あの頃は…こんなにもこんなにも大切なものだとは気づかなかった。

何もなくても、何も話さなくても、そこに居るだけで、声が聞こえるだけで、それだけで幸せを2人で見つめていた。

大切なものをなくしてしまった。


あの頃は、知らなかった。


離れ離れになることが現実に本当にあるということを…。

別れは、誰にでも私にも存在するということを…。


あの日まで知らなかった。

たくさん…沢山教えてもらった。

けれど、一番強烈に私の心に響いたのは「死」をもって教えてくれた、「タイミングの大切さ」だった。

言い換えば、「今」がどんなに大事かということを教えてくれた。


真実を言うタイミング…

病気と向かい合い闘うタイミング…

仕事を辞めるタイミング…

相手に気持ちを伝えるタイミング


始めるタイミング…そして、

終わるタイミング…

時の始まりは「生」ではなく「死」

会えなくなって…3度目の秋 …


「あれから…3度目の…」。

月日の数え方が…

時の流れの表し方が…、いつの頃からか変わった。


「あれから…」って・・・。


あっちゃんの死が、私の生きている「時」の基準となった。

「あれから」とは、始まりを意味する。

私の人生は終わったかと思っていたのに始まっていた。あれから…始まっていた。


「あれから」の人生は、

新しく作り変えられたもので、

想像もしていなかったもので、

あってはならないものだった。


「あれから」…

哀しい孤独が始まった。