絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

誕生日なんて要らない

今日、義父の誕生日だった。

去年までは、同じ敷地内に住んでいたので、少しのお小遣いと大好きな焼酎を簡単なメッセージを添えて(忘れていた年もあるが…)プレゼントしていた。


今年は…どうしようかと思った。


正直…あっちゃんがいなくなってから祝い事には、全く興味がなくて…というか、触れたくなくて・・・「誕生日?・・そんなもの…もう…迎えられない人もいるのに…要らんやろ!」なんて…


今までは、誕生日当日…夜中の0時に送信予約をセットして…誰よりも早く1番に、

「おめでとう🎉」なんて…知り合いに送っていたのに・・


あっちゃんがいなくなってから、どうでもよくなっていた。

「誕生日なんて…」


それだけじゃない。

クリスマスも正月も…結婚式でさえも・・どうでもよくって…。


だけど…義父の誕生日。


一応電話してみることにした。


「お義父さん!おめでとう。長生き・・・」私の言葉を最後まで聞くまでもなく・・


「今日で、お爺さん(自分の父)の年を越した。だから、今度は婆さんの年を超せるように頑張る・・」


「そうよ!その気持ちで体に気をつけて過ごして下さいね。また帰るから・・。」

お婆さん…って確か・・96歳で亡くなったはず…。ならば…97…98…


えっ・・・。


息子(あっちゃん)の2倍近く…⁉︎


まあ…健康なら、それが1番かっ!

時の流れは誰の心も癒さない

時間の経過は私を癒やすことはできなかった。

時の流れがしてくれることは、つらく、哀しくて苦しい記憶を心の奥底に閉じ込めることだけだった。

しかし…

閉じ込めても…閉じ込めても…負の感情は溢れ出てきた。大声で泣いたり叫んだり・・

落ち込むだけ…落ち込んだり・・


そんな毎日を過ごした。いや…今だに過ごしている。


そうして…

いつしか私の精神は少しずつ崩壊されてしまった。

人の優しさも優しさとは感じられず、喜び事には素直に喜べず、人と「一緒に」には行動できづらくなり…寂しいと思いながらも「独り」の世界に安心を求めるようになっていた。


時間の経過は…

私だけの・・人とは違うもう一つの世界を創り出していた…。

幸せな振りして笑うしかないか…

朝…このまま起きたくないなって…

昼…ムスッっした、とっつきにくい主任に会いたくないなって…


夜…好きな物を食べて、見たいテレビを見て、自由にのんびり過ごせるけれど…つまらないなって…


「ない」

「ない」って…ことばかりで…。

モチベーションが低い毎日が続いてる。


人が生きてゆけるのは、多分…

愛する人が「いる」からだろうし・・

未来への夢が「ある」から…。

やりがいのある仕事が「ある」からだろうし・・

楽しみが「ある」から…。

そして、自分の存在を確信できる職場であったり家であったり…その中に身を置くことで、居心地の良さを感じるからなのではないだろうか。そんな場所があるから、離れたくないし「離したくない。」ずっと…そこに居たい…。


でも…

愛する人もいない。

未来への夢もない。

やりがいのある仕事も手放した。

楽しみもない。

唯一の居場所もなくなった…。

ならば…止まったままでいるしかないじゃない!


「ない」ものねだりしたところで…何も始まらない…。

哀しい!

悔しい!


・・この2年と9ヶ月で分かり過ぎるぐらい…分かったはずなのに…。

この底から這い上がるには…どんな力がいるのだろうか・・。

一生…幸せな振りして過ごすのだろうか・・・