絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

気づく… 〜喧嘩〜【前編】

「遅遅」

昨日は14時から22時までの勤務だった。

昨日の夜は、

中学生の利用者は修学旅行でいないし、高校生のほとんどは現場実習週間の為5日〜2週間、グループホームであったり、宿泊型の施設であったり、自らの希望はもちろんだが、学校と進路懇談を重ね、医療機関等とも連携を取って大方決めた卒業後の移行先へ実習に行っている為…いつもとは違う…とても静かな夜を過ごしていた。


施設には、診療所があり学園には、看護師が常勤している。私より3才年上の見るからに優しそうな看護師が、利用者の様子を見にいつものように来た。

いつもなら、あっちでトラブル、こっちで、 「義香さーん!ちょっと来てくださーい」って・・声が飛び交っているのだが、昨日はテレビの声もはっきり聞き取れるほど静かだっただけに、ガラスの大きな囲いの中のスタッフルームに一人で座っている私の横に直接来て、丸い椅子に腰を下ろした。

二人とも視線は、ガラス越しに見える子ども達。どちらからともなく世間話が始まる。年が近いこともあり、私が他県から来ているということも、何かしらその人の「好奇心」をくすぐるのであろう…

まずは、彼女が大学に行っいる息子さんのことを話し出した。


実は、主人が他界してから、家族の話を聞くのも…するのも嫌いになっていた…為・・・私は、目の前のパソコンを見ながら仕事をしている振りをした。心の底は。


「自慢話ばかり・・・

聞いてられない!」


おいおい!

ご主人様登場だぞ!


益々聞いてられなーい!と 心の耳は閉じて、聴いているフリをしていた。


しかし…


「息子がサバイバルゲームに、はまっていてねぇ!」

その一言に、私の心が動いた。


あっちゃんと喧嘩をしたことがない!と、以前ブログで話したが、一回だけあったことを…突然思い出した。


台所に私はいた。


一瞬!お尻に何かが刺さった。

お尻にそれはそれは強い痛みを感じた。




【長くなりそうなので…

前編終了させていただきます】

永遠の別れになろうとは…

別れたい…と思った時があった。


面白くて、優しくて、カッコいいあっちゃんだったけれど・・・


別れようと思った時があった。


嫌いなったからではない。


あっちゃんを見たくなくなったから…。


見たくない…って思った時があった。今では信じられないけれど…。

それは嫌いになったからではない。むしろ好きだったから…そう思った。

あっちゃんの、

崩れゆく姿を見たくなかったから…


お酒を手にしている姿を見たくなかったから…


健康だった頃のあっちゃんの

体型が変わり…

顔色が変わり…

弱ってゆく姿を…


見たくなかったから…。


別れたい…なんて

あの時思わなければよかった…

60歳の約束

寮のデイルームの壁の一方はセメントで閉ざされているが、もう一方は全てガラス窓で…。カーテンを開けると大きなイチョウの木が綺麗に並んでいるのが見える。

時折吹くさわやかな秋風に、さわさわ〜って音が鳴る。きっちり締められた中にいても…その木々の声が聞こえて来る。

こんな日…特に思い出す。


「もう一度、二人でハワイに行こうね!」って話した。

まだまだ先の事だけれど、二人でハワイにもう一度行こうと約束していた。


私達はよく旅行に行った。

娘が小学校時代は毎年沖縄へ行った。

中学生になると海外へも足を伸ばした。


大学生になる頃には、大阪によく行った。仕事の都合上(娘も学生だから)長い休みが取れるのが暑い夏休みか12月末そして、春休み3月の月末だった。


気候のいい時に…過ごしやすい時季に、旅行に行けるのは、60を過ぎてからだね!って…言っていた。


そうなったら…ハワイに行こうね!って…

そんなことを話していた。


家に咲いている金木犀が匂う頃になる…

2人でどこへでも行けるようになりそうだと思える頃には、一緒に行くべき相手がいなくなっているではないか!

そんなに実現不可能な夢物語ではなかったはずなのに…。

親孝行したい時には親はなし!というけれど…


熟年夫婦、2度目の新婚旅行…行きたい時には伴侶なし…っか!


イチョウの葉を揺らす秋風の色が、


あの時の・・

締め切った部屋の中でも感じた…

外は常夏の島であるにも関わらず…

虹色をしているように見えたから…


きっと!

あっちゃんも風と一緒にながれているんだろぅ…と感じ…


ずっとイチョウを見ていた。