絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

気持ちの断捨離

ゴールデンウィークが終わると、もう…夏の到来・・・

私は、夏は昔から苦手。

汗っかきだし、

あのベタベタした空気、

ギラギラした太陽も憎らしい。


あっちゃんは夏が好きだった。

毎年お気に入りのサングラスを一つ買って、気取ってかけていた。


「顔が大きいから、その眼鏡は似合わないよ。」なんて、皮肉を言ってもなんのその…

帽子から靴まで、いつのまにか自分で一式用意し…夏の小旅行に備えた。

私の何倍もオシャレをして、梅田でショッピング、心斎橋で食事して宿泊、難波で吉本新喜劇観賞。約10年間続けた。


そんなあっちゃんの大事な物がまだ沢山以前のままの状態で遺してある…二人で暮らした家の中。


あっちゃんの物でいっぱい。

知人や親戚にあげようかと思って取っておいたけれど…

・・・やめた。


喜んで受け取ってもらえるとも限らないし、好みも、サイズも違う。思い出に…なんて言ったら・・・貰った方も困るでしょう。


もう…多分住まないであろう家の中にある二人の思い出のいろいろを…あっちゃんの物を…

片づけよう。


必要でない物は、

必要でない思いは…


捨てていこう。そうしたら…

少しは前に進めるかな。


あの家にはもう帰らないから。

泣く日

逢いたくて…逢いたくて…

仕方ないのに・・・


それでも…

逢えないのが…死別…だと、

分かっているのに・・

すごくすごく…逢いたくなる時がある。できるものなら、直ぐにでも逢いに行きたくて…


死ねば本当に会えるのかさえも分からないけれど…会えるならば本当に死んでしまいたいと思う。


生きていたら、会えるのに…。

なんて、当たり前のことを考え…

ただ…哀しくて悔しくて・・涙が溢れる時が今…でもある。


3年と3ヶ月…それなりに頑張ってきたその御褒美に…

彼の今の姿を見たい。

ひと目見る…それだけでもいい。


そうしたら・・・


もう少し…こっちの世界で、1人でご飯を食べて寂しい時でも、意味もなく泣けて泣けて涙が止まらない時でも、話しがしたくて愚痴をこぼしたくて仕方なくて…そんな時を過ごしている時でも…

ひと目でも会えるのなら…

我慢できる。

もう少し…頑張ろうと思えるのに。


そばにいたい…


話を聞いて…欲しい。

偽りの私・言えない言葉

貴方がいないこと…

貴方に会えないこと…を、私はこの街では隠して生きている。

私が主人と死別していることを…。


私はこの街に来て、3人の人に「死別」の事実を話している。この仕事に就く為の面接の時に面接官(3人)に問われたので仕方なく話した。

また職員として登録する為に、家族構成(扶養)等の資料を提出したので事務局の人は知っているかもしれないが、自分から話したのは、その面接の時だけだ。


何故か…主人はいない。

主人は、亡くなった…ってことが、

…言えない。


世の中には、結婚をしていない人

離婚をした人、シングルマザー…人それぞれの生き方があって、一人で子どもを育て、しっかり前を向いてあるいている。

堂々と自分を語りながら…。


それが自分の選んだ、自分の為(子ども)の人生だと・・・

胸を張って…進んでいる。


でも…私は違う。

死別だからなのだろうか。


主人がいないという事実を言えない。言いたくない…。

黙っているから余計に苦しいのかもしれないが。


主人がいなくなったことで、今まであったわずかながらでもあった…自信がなくなった気分だ。

だから…どんなに一人で頑張っていても胸が張れない。


あっちゃんがいたから生きてこれた。胸を張って…生きていた。