絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

死別 伝わらない思い

ブログの中に・・


沢山の哀しみをみます。


一日中動けない日があっても…いいですよ。

親友だと思っていた友達なのに以前と同じように話せなくなった…分かりますよ。


朝から酒を飲み、残酷な日常からの逃避をする…お酒は飲みませんが…わたしも同じですよ。

本当に分からないのです。


そして…伝わらないのです。


その人が感じている哀しみは、その人にしか・・・。

ただ…人は優しいですから、いろいろな言葉で元気づけようとしてくれたり、微笑みかけてくれたりします。

悲しいことに…どんな言葉も通じない時があります。

哀しすぎて…言葉も、優しさも…何もかもが受け入れられないのです。


それが愛する人との死別なのです。


いつかは…誰もが味わう感情でしょうが・・・

本人の年齢

本人の家族構成

本人の社会的位置



そして愛情の深さ…

によって多少なりとも・・・

いや!大いに…


哀しみの意味や深さは違ってくるとは思います。


とにかく…味わわなくても良いものなら死ぬまで味わいたくない感情です。

何を遺そうか…。

仕事を始めた娘は生き生きとしています。


少しの間、育児から解放出来る事と収入が入る事が嬉しいようです。


しかし、なかなか実際の所、そう順調にはいかなくて、なっちゃんが1ヶ月に数回風邪を引きます。中耳炎にもなりました。突発性発疹に2回も…病気をもらってきて、仕事どころではありません。それに伴い、熱が高いと心配で心配で…私も心配するだけですが・・案外疲れます。

保育所に通い始めると、沢山の病気を貰ってくるとは聞いていたものの…こうまでとは・・・。心配事が増えました。


私は…


仕事が終わると娘の家に毎日のように寄ります。お菓子とジュース、コーヒーを買って。安いお給料ですから節約すればいいものの…。なっちゃんの喜ぶ顔や娘が美味しそうに食べている姿を見るのが嬉しいのです。もちろん!私も甘いものが大好き!おせんべい大好き!ですから。一人…狭い部屋で食べるより、なっちゃんや娘と一緒に食べる方が格別に美味しいのです。


安いものでも、あれやこれや買うと、貯金なんか全く…できません。


それでも、嬉しそうな顔を見られる方がいいのです。


お金を残すよりも、愛を…楽しい時を…共に過ごした幸せな時間を残した方がいいでしょ!


あっちゃんが生きていたら私以上に娘たちに、「また、借金」してでも何かをしてやっていると思います。主人の分まで…・・・出来ることを・・、

私の1番…

私は、この人生…何を1番大切にして生きてきたのだろか。

お金、愛情、健康、名声、仕事…


私の人生何が1番したかったのだろう。

小さい頃からの夢であった仕事に就き、素敵な男性と結婚して、子どもは二人ぐらい。

豪邸でなくても自分の家を建て、経済的に余裕もあり、家族がみんな健康で楽しく過ごす事だった…はずた。


お金、愛情、健康、仕事…。


あっちゃんがお金持ちの長男だったり、どこかの御曹司だった訳でもないら、少しでもゆとりのある生活をしようと思えば共働きしかなかった。

仕事は、大学を卒業してから、運良く目標としていた職に就き約30年間働いた。


私は…あっちゃんを亡くすその時まで、実は・・自分の人生…結構満足していた。

優しい旦那さんで…

娘も大学を卒業後、外資系の会社に入社でき働いていた。

毎年3回の親子旅行。

義父母は、鬼嫁の私には優しく、少々口うるさく干渉してくることはあったが、嫁姑戦争になるほど関わりもなく、すごく近くに居ながら、いい距離感を保っていた。


私は、本当に幸せだった。


ただ…わたしを悩ませたのは、健康だった。

あっちゃんの健康…だった。

育児と仕事が1番だった40代前半まで。

娘が高校生になってからは、(娘は私立の中高一貫校に入れていたので、大学等は、娘自身と学校にお任せしていた)私は、自分の仕事が1番になっていた。


あの頃…どこかの時点であっちゃんに、あっちゃんの健康が私の1番になっていたら…。


今が…変わっていただろうか…。


去年…私の人生の長い1番だった仕事を辞めた。早く辞めればよかった…のか。


今私の1番は、なっちゃんの健康。娘の健康。お婿さんの健康。


私の健康なんて…どうでもいい。


健康が1番!!