絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

やっばり!あっちゃんが一番!

今だから…話せるけれど…

大学5年生(?あっちゃんは4年で卒業できませんでした!)のあっちゃんが、私に…

「誰か素敵な人紹介して!」って言うもんだから・・・

当時看護学校に通っていた妹を紹介したことがあるのです。

今だに…笑い話なんですけど…。


若い時は、家族が集まった席で、私はよくこの話を出し、

「一体…どんなデートをしたのか2人にしがわからないからねー!」ってからかって、その場を賑やかせもしていました。

あっちゃんにとっては、義妹となった訳だが、まるで自分の妹のように可愛がっていました。


妹だけではない!


姉の子供たちに対しても同じでした。姉の長女の結婚式では、テーブルに置かれたあっちゃんへのメッセージに…


「あっちゃん兄さんは、私の初恋の人でした。」と書いてありました。


彼は、誰からも慕われた!

彼は、面白かった!

彼は、細かい心配りのある人だった!

姉の旦那さん、

妹の旦那さん…がいるけれど、

一番カッコよくて、一番優しい旦那さんだった!


一番… 人当たりのいい人だった!

いじめ

夏休みも残り少なくなった今日、中高生の利用者と一緒に街中にある大きなイオンモールへショッピングに行った。

私にも覚えがあるが、煌びやかなショーウィンドウは見ているだけでも気持ちが高ぶる。まして…仲の良い友達が一緒だと一気に気持ちは加速する。


しかし…私の後ろを下を見ながら歩く一人の利用者がいる。

知っている人に出会うのが嫌だから…義香さん!私の前を歩いて…って・・。


あなたの事誰も見ていないよ。

知っている人に出会うこともまずないよ。心配しないで自分が行きたい店に行こう!っと促すが…前を見てスタスタと歩く事ができない。目的のCDショップへたどり着くまでは、終始無言で歩いていた。


あの日から…の私が・・・

そうだったではないか…。

いや!今もそう・・・。

誰も私のことなんか気にもしていないのに…

誰も…「義香さんの旦那さん…まだまだこれからやのに・・可哀想なことしたなあぁ。」なんて…話してもいないのに、誰もが私を哀れみ、誰もが私のことを噂しているようで…外に出るのが怖かった。

沖縄へ逃避行したのも…

今…この街にいるのも…彼女と、18歳の高校生と同じではないか…。

彼女は、いじめ、ネグレクトのトラウマからくるものだと予測される。


死別も同じだ。

見えないものからの心の虐待だ!

相手が見えないから…

誰も恨めない。

恨むのは…自分!

だから自分をいじめてしまうのだ。


早く…抜け出さなくては・・・

変わらないで欲しかった…未来!

今年の夏…

平成最後の夏が終わろうとしていた。

平成30年・・・

平成は…30年間あったんだ。

私はその平成という時代を全て生きそして過ごしてきたことになる。

一つの時代を生きた…


平成という時代は、正にあっちゃんと一つの家庭を築き…育てた時代だった。

夫婦として共に生きた時代でもあった。

しかし…次の時代の命名も聞かずして…

残りたったの3年を待たずして・・この世を去った。

次の時代はどんな名前になるのだろう…等と、そんな事に全く興味もなく…

それより、新しい時を…

これからは何かが始まるその一歩を…いつもいつも一人で迎えなければならない事に虚しさを感じ…。


まだまだ…もしかしたらもう一つ先の時代も一緒に迎えられたかもしれないのに…とまた、そう思うと悔しくてたまらなく…。

過去は変わらないことは分かっている。

どんな時代が来ようとも。

あっちゃんがいなくなったという事実は決して変わらない。


変わる事が出来る未来…

今をどう生きているかで…確かに変わるであろう未来に…少しでも笑える日が多くなりますように…と空を見上げると今日はすごく大きなお月様が出ていた。


あっちゃんだな!

そして呟いた。

変わらなくてもいい…未来もあったのに・・・と…。