絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

人の迷惑顧みず

いつもなら…年度始めで、バタバタと走り回っている頃だろう…。

なんて…思いながら・・・私は、やっぱり娘の所へ向かって車を走らせていた。

皆は仕事。

私は、こんなに太陽を浴びながら、音楽が流れる車の中で気持ちよくハンドルを握っている。

まるで悪い事でもしているかのように罪悪感さえ感じてしまうが・・とても気持ちがいい。


私を縛るものは何にもない。

時間も・・・

仕事も・・・


そして…人も・・・

本当に自由人になってしまった。

(それも…淋しいものかもしれないが…)

しばらくは、この自由を楽しんでやろう…そう思った。

毎日をメチャクチャ無駄に…過ごしてやろう…と思った。

娘夫婦が、私のために「お疲れ様会」をセッティングしてくれていた。


蟹が大好きな私のために、

大阪の蟹道楽の支店のお店を予約してくれていた。


梅田店と同じように、個室に通され、ランチをご馳走になった。


4、5日自由人の私はここで過ごしてみようと…娘の了解も得ず、他人の迷惑なんて気にもせず…静かに心に・・・そう決めた。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。