絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

私が1番可哀想…

いつからだろう…

私は、

「私が可哀想で…」で泣いていた。


始めは、

あっちゃんが、

「どんなに無念だっただろうか…」

「やりたい事沢山あっただろうに…」

「体も心もしんどかっただろう…」

「娘にも会えない…可哀想に…」

・・・・って泣いていた。


でも・・

もう絶対に会いたくても会えなくて、

触れられなくて、

声が聞けなくて、


辛いことがあっても

慰めてもらえなくて、

一緒にどこにも行けなくて、


1番私を分かってくれていた人が、

1番私を必要としてくれていた人が、

1番近くにいて、

1番時間を共有した人が、


突然いなくなってしまった・・


私が、1番可哀想で、

涙が…今日も溢れる。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。