絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

ストレス事件

大阪から帰って…今日で6日間外に出ていない。

と…言うか、出られなかった。

出たくなかった。

人に会いたくなかったし…話もしたくなかった。

ただ、娘と姉とだけライン交換はしていた。


私の車が何日も動かないことを心配して、義母からは何度か電話があった。携帯も家の固定電話も受信音を最小音にしていたので気づかないことも何度かあったが・・・

気づいでも…出ないこともあった。

だから、風邪を引いて熱が出ていることにした。そうすれば、長話しをしなくてすむだろうし、電話に出なかった言い訳もできる。


義父母に限らず…誰とも話したくなかった。


実は・・

あの日・・私は、

義父母に失望した。

その日から私は、義父母とあっちゃんのことを一緒に哀しむことも、これから先、弱音を吐くことがあったとしても決して義父母の前では口にすまい…と決めた。


沢山哀しんでもいいのだと…、

あっちゃんがいなくても、生き続けていいのだと…力強く話して欲しかっただけなのに…


安心したかった…

安心させて欲しかっただけなのに…

嘘でもいいから…少しでいいから…


この場所では、やっぱり

心が楽になれそうもない…。


哀しさを1番理解できるであろう義父母のことを理解できなくなっていることが・・今…1番のストレスになっているのだと思う。


今日はあの海へ行ってみようかなぁ。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。