絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

バァバ付き新婚旅行

「お母さんも一緒に『新家族旅行』に行こうね。」そう言った。


挙式後…仕事の都合もあって、直ぐに新婚旅行へ出発することができなかった娘夫婦から、なっちゃんも1歳になったからと…旅行のお誘いがあった・・。


「えっ!新婚旅行にバァバ付き⁈」

孫の世話をする人の数は多いほどいいと思ったのか・・・

思い出多き沖縄へ追悼旅行にでも…と思ったのか…。


4年ぶりの沖縄。

あっちゃんが大好きな沖縄へ…(大阪と沖縄が大好きでした。)


思い出が沢山あるから…。


それでも二つ返事で答えた。

思えば…娘夫婦には本当に申し訳ない思いで一杯だ。新婚気分を味わうことができないまま…この2年間を過ごさせてしまった。

普通なら1年や2年は、結婚式のビデオを繰り返し鑑賞し…その場面場面で、笑ったり…泣いたり・・・最高の思い出話を語り明かす日も本当なら…あったはずだ。


なのに…私は、

そのビデオを見る気にならないのだ。当時の思い出を話す気にもならない。あの日からまだ一度も結婚式のビデオを観ていない…。

観れない・・・でいる。

私の新婚旅行先はハワイ…だった。

あの頃は、挙式後みんなで新幹線ホームまで行き、そこで新郎は、レイを首から下げ友達から胴上げをされるという…

お決まりの新婚旅行出発儀式のようなものがあった。

勿論…あっちゃんも例外ではなかった。新幹線のプラットホームで宙を舞った。


新婚旅行…ハネムーン・・・だった。


なのに…

娘は挙式後一ヶ月で父親が緊急入院し

その日から毎日病院通い。

そして挙式後二ヶ月で…娘は父親を失った。


1歳のなっちゃんとバァバの私を連れて選んだ場所は「沖縄」だったのは、娘も父親に会いたいからだろう。

どんな旅になることやら…

勿論…あっちゃんも連れて行こう。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。