絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

平和の礎に寄り添って…

平和祈念公園に着いた。

直ぐに目に付く白い塔…それを通り過ぎると広々と広がる緑の中に、広島の平和公園を思い出させるような慰霊碑があった。思わず手を合わせ黙祷をした。


平日だからか…人はまばら…


海を眺められる格好で、平和の礎が綺麗に並んで立っていた。

私は何故か…ここに来たかった。


ここに座っていたかった。

地域毎に刻まれた人の名前…

同じ苗字も多いものだ。

その人の名前に…手を添える。


戦争の犠牲者として亡くなられた人・・

この世の中には、

被災された人、病気、交通事故…そして自死…色々な形で大切な人を遺し旅立ってしまった人がいる。


様々な思いを抱きながら遺された者は生きている。その壮絶な哀しみを知ってか知らずか…空の高い…高いところで、のんびり綺麗な海を見たり、泣きながら奮闘している私の姿を見たりしているのだろうか。

時々「会いたいよ」ってシグナルを受け取って欲しいのに…無視ばかりして・・。


雨だった…天気もすっかり晴れていた。そっと木々の間から空を見上げると微笑んでいるあっちゃんの顔が見えるようだった。


ここに来て良かった…。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。