絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

あいたい…人。

カーナビをホテルに合わせて発進した。


沖縄の南の方に来たのは…何年ぶりだろう…と、そんなことを思いながら進んで行くと、ひめゆりの塔の看板が目に入った。

懐かしい…

あっちゃんと初めて訪れた沖縄でまず…いの一番に観光したのが「ひめゆりの塔」だった。

それから…姉達と1、2度訪れただろうか。

そこは当時の面影が残っていて、今はもう消えて無くなったであろうあっちゃんの足跡さえも見えるような気がした。

無性に寂しくなった。

ダメだ…

やっぱり涙が出てくる。

その時だった。

その時…いつもなら、車の窓ガラスが壊れんばかりに、

「あっちゃーん!」

「あっちゃーん…。」って何度も叫ぶのに・・・


今日は・・・その時…


私の心を突いて出た名前が・・

娘の名前だった。


何度も呼んだ。

泣きながら呼んだ。


生き方を見つけるためにこのプチ移住を計画した。

しかし、1ヶ月間予約したコンドミニアムを離れ、宿を転々と…少し疲れたのかなぁ。友達も全くできないし…


人恋しくなった…

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。