絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

体はやる気0…心はザワザワ騒いでる。

すごい無気力…

起き上がれない程の脱力感…


駄目だなぁー。


また…「何もしたくない病」が出てきてしまったようだ。


直ぐに食べれそうな物も、野菜も麦茶もアイスクリームも…お腹を満たしてくれそうな物が何一つ入っていない冷蔵庫を開けたり閉めたりしながら、そんなことを考えていた。


買い物に行くのは苦手…。って言うか、知り合いに会いたくないから、極力行かないようにしている。行くにしても閉店間際か、お昼の2時ぐらいの人が少ない時間帯を狙って行く。どうして…そんなにコソコソしなければならないのか…自問自答してみると、「今の自分を見られたくない」という心理が働いているようだった。

そんな思いを友達に話したら、

「サングラスと帽子被って行けば!」って言われた。芸能人でもあるまいし・・。返って目立ちそうだから…それはやめた。夜の9時過ぎに一番近くのコンビニで、約2日分の食料を調達した。


実は…体は、こんなに「やる気0」なのに、沖縄から帰ってからというもの、心がザワザワ騒ついていた。

「変えられない」過去は、どうしようもない。

あっちゃんと一緒に生きた同じぐらいの時間をこれから一人で生きていくという未来も「変えられない」事実だ。これも…どうしようもない。


すっかり変形してしまった未来を「創り変えてみたい…」そんな思いが…私の心の中にじわじわ・・と…。


何もしたくないのに…


なぜか…ソワソワしていた。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。