絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

あいしてる

寝返りができないほど…腕もお腹も足も・・・体全体がパンパンに腫れ上がり、足と手には毎日5,6本の点滴がぶら下がり…


6日間の昏睡状態が続いていた。


病室のドアを開ける度に、目覚めているあっちゃんを想像した。


「あっちゃん…起きたかね。」って言いながら…期待して・・ゆっくりドアを開いた。あっちゃんは眠っていた。そんな毎日…だった。


もちろん…「愛」の力であっても、病気は治せないと分かっていた。しかし「愛」の力で、寿命は延ばせるのではないだろうかと、微かな期待をしていた。

昏睡状態から7日目。

アミノレバンが効いた。

意識があるのかないのか…分からない状態でも、あっちゃんの耳はよく聞こえているようだった。

常に病室で流していた永ちゃんの曲に反応し、口を動かしたり、声に出して少しだけ歌ったりするようになった。そんな時のことだった。

私は、携帯を構え、録画ボタンを押して、

「あっちゃん…愛してる。」って言って!

「あいしてる」って…言ってみて!と、何度も耳元で言った。

すると・・


「さ と み・・あ い し て る…」


ゆっくり

一字…ひと文字・・呼吸するかの様に…ひとつひとつ…。

私が勝手に言わせた…

やっと言わせた…

「あいしてる」…だけれど。

その時の動画の声が、今私の宝物になっている。


生きている時にもっともっと…無理にでも…言わせとけばよかった…。

「あいしてる」って…。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。