絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

麻央さんが教えてくれた…こころ

ほんの少しだけ…


「あっちゃんも幸せだったのかもしれない。」と思えた…。


あっちゃんのことを想うと…

自分が死ぬことさえもきっと分からないまま…突然死んでしまったこと

病状が悪化しているのに、家族に話さず…一人悩み苦しんだであろうこと

自分の意志で始めたコンビニだけどその経営に悩んでいたこと…そんなことを想うから悔しくて…いつまで経っても哀しい。

でも 、

もしかしたら…

違うのかもしれない…って思えた。

彼の人生は、それだけではなかった…と思い出すことができた。


それは麻央さんの言葉の中にあった。


「人の死は、病気であるかにかかわらず、いつ訪れるか分かりません。例えば、私が今死んだら、人はどう思うでしょうか。『まだ34歳の若さで、可哀想に』『小さな子供を残して、可哀想に』でしょうか?? 私は、そんなふうには思われたくありません。なぜなら、病気になったことが私の人生を代表する出来事ではないからです。私の人生は、夢を叶え、時に苦しみもがき、愛する人に出会い、2人の宝物を授かり、家族に愛され、愛した、色どり豊かな人生だからです。」


短くても…


あっちゃんには、あっちゃんの輝かしい人生があった。

辛いことも多かっただろう。でも、大学時代は、5年も通わなければならないほど「若さ」を人一倍楽しんでもいた。

その頃…私と衝撃的な出会いもあった。

長距離恋愛…そして結婚・・。


30代で家を建て、41歳で転職…まさに、夢を叶え、時に苦しみもがき…2人の宝物の娘を嫁がせ、人から愛され、家族を愛し、趣味も思い切り楽しんだ・・・生き生き活動的な愉快な人生だったのではないだろうか。


慰め…かもしれない。

私の罪を少しでも軽くするための思い上がりかもしれない。

だけど…あっちゃんが・・

可哀想だ…と、思ったら…

生きた意味がなくなるじゃない!


長くはなかっだけれど…彩り豊かな人生があったのだ。そう…思うしかないじゃない…

そう…思わなければ…哀しいじゃない!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。