絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

向日葵が太陽を向くように…

私はいつしか・・

人に会いたくない。話したくない

人間嫌いになっていた…。


何故そうなったのか、理由は定かではないが、主人がいなくなってからそうなった訳だから「主人の死」…死別後を生きている…この大きな環境の変化がそうしたんだろう。

望んでいたことだけど…

だんだん…徐々に

孤立…していった。


社会と繋ぐものから・・・

人と人の関わりから・・

切れてしまったようだ。


こうなることを望んでいたのに…


時々人恋しくてたまらない時がある。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。