絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

歩いて行ける場所…

哀しみを忘れて…

忘れたふりをして…

何もなかったかの様に生活することができる。


仕事をして、寂しさに堪えて…たまには楽しいこともして…元気に見えるように過ごすこともできる。

私は昔から二重も三重も、あっちゃんに言わせれば、四重人格(多重人格者)だから…

そのように偽った自分でこれまでも…そして死別後も生きてきた。今からだってそうだろう。


最愛の人(伴侶)を亡くしても、こんなに強く生きている。惨めでも…可哀想でもない。1人でもやっていける…と…虚勢を張って・・

まさに、虚勢の姿で…。


本当の姿は…恥ずかしいほど惨めなものだ。あっちゃんを亡くしてうまれた…今までに感じたことのない「負の感情」が心の中に埋め尽くし、息が止まってしまいそうなほど苦しい時があり、外に出られず…引きこもり、時に泣き叫び…。私の心のすべてで感じる喪失感…で…


これが本当の姿。


でも、今日も偽りの姿・・・で、アパートも仕事も決めてきた。まだ、家の片付けも整理も何もできていないが、このままこの家に居ても、私は魂を取られた抜け殻の様で…

私の心はこの家のように、整理もできずに、ただふわふわ「ここに」漂っているだけのように思えて…


だから行動してみることにした。

まず、職探し。

次に、娘家族の近くにあるアパート探し。


見つけた。

二つとも。

きっと、これからも私は虚勢を張って生きていくと思う。そうしないと、生きてゆけないのかもしれないから。

でも今度は、疲れた時には、徒歩10分の所に娘家族がいる。寂しくなったら、歩いていける場所が…やっとできた。


あっちゃんと結婚して初めてのことだ。


歩いて…話しにいける場所がある。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。