絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

まっ‼︎ いいかっ…

半年ぐらい前から感じていた。


私は病院は大嫌い。(好きな人はいないだろう。)病院へ行くと血圧が20〜30高くなる。

以前掲載したことがあるが、私はバセドウ病。コレステロールの数値もかなり高いので、薬をもらうために、仕方なく定期的に通院している。それ以外は…例え風邪を引いて高い熱が出ようが、体調が悪かろうが、けして…いや!なるべく病院へは行かない様にしている。


しかし今回だけは…そうはいかなかった。

周りが白い…

辺りがぼやけて見える。

特に朝起きた時、天気のいい日には、まるで霧の中にいるかのように全体が薄っすら白っぽく感じていた。しかし、それは、まだ気になる程度で、今日まで「まっ、いいか!」の精神でほったらかしてきた。

しかし昨日は、一日中続く白いモヤモヤが気になった。


目医者に行ってみよう…


娘が言うから重い腰を上げた。


「少し早すぎるように思いますが、白内障です。乾き目でもあります。」

えっー!白内障…⁉︎

白内障って、おばあちゃんの病気なんじゃないの?

この2年で…随分年を取ってしまったようだ。体も…心も…そして目も…

まっ‼︎ いいか…。

目薬だけ処方された。手術はもっと年齢がいってからの方がいいそうだ。(特に生活に支障がない限り)


まっ‼︎ いいか…。

ハックリクッキリ…見えないぐらいが。見たくない…聞きたくないことが沢山ある世の中ですもの。これから生きて行くのにこれくらいが丁度いいゃ。なんて・・・また、強がっている。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。