絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

究極の孤独

私は、完全なる自由人で、誰よりも「我が人生」を、好きなように生きているのかもしれない。


自分の判断だけで事を起こすのも辞めることもできる。誰の許しを乞うことも要らない。何処へ行こうがいつまで行こうが、困る人などいない。止める人などいない。最高の「自由人」だ。


しかし…


それが、

究極の孤独だと気付いてしまった。



自由…。

日本では往生楽土、楽市楽座の語に見られるように、「楽」を「自由」という意味で使う用法があったと聞いている。


皆んなは知らないだろう。


自由とは、そんなに「楽」なものではない。時に…虚しいものだ。そして、「自由」とは、「束縛」の中にあってこそ意味あるものになるのだとも思う。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。