絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

虚しい空 〜何も聞こえない〜

四角い白い小さな部屋から…少しだけカーテンを開けて、窮屈そうにしている空を眺める。

誰もいないのか。このアパート?


人の声はもちろん…物音一つしない。


まるで、私だけ…置いてきぼりにされたような・・


いつも見上げている空が寂しく感じられた。

そう言えば・・ずっと…

あの日からずっと…感じていた。


喪失感…。

何をしていても…

そばに誰かいても …

賑やかな職場の中でも…


いつも、どんな時も…


喪失感…。


きっと…私が生きている間ずっと感じ続けるのだろう。それが、私に与えられた罰だから…。

だけど…家から持って来たあっちゃんの遺影はいつ見ても・・こんな私に、いつもと変わらず微笑みを返してくれる。

愛する人を遺して亡くなった人は誰も、妬み・恨み言を言わないのだろうか…。


先日、アメリカで話題となっている『奇跡の霊能者 ローラ・リン・ジャクソン』の出演している番組を見た。霊視して見えた魂(霊・亡くなった人)は皆、当事者を思い、気遣っていたように思う。


あっちゃんにも届いているのだろうか。私の謝罪と愛おしい思いが…ならば、あっちゃんの声でなくていいから、私も聴いてみたい・・・

あっちゃんの今の気持ちを・・

そうしたら、少しは喪失感が軽くなりそうな気がする。

でも…恨み言言われたら…


怖い気もする。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。