絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

私の仕事…笑顔に会うこと。

児童養護施設…それが今の職場。

18歳までの子ども達の発達支援・生活支援の指導者として働いている。

その学園には、5つの寮がある。私はその内の1つの女子寮を担当している。


彼女達は、まだまだ小さな背中に…大きな荷物を背負い、直ぐにでも壊れてしまいそうな薄いガラスの心を持ちながら…それでも逞ましく生きている。

逞ましく・・・

そう…見えるだけかもしれないが。


私の任務は、一人ひとりが高等学校を卒業した先の進路先を共に考え、そこで自立して生活できるよう支援・指導をすること。


そこにいる女の子が、

「義香さん。大好きよ…。」って…

「ありがとう。私もよ。」と答える。


「義香さん…明日も会える?」…


「うん。明日は遅出だけどね。」


「嬉しい!」

私に会えることを心待ちにしてくれている。


嬉しいのは…私の方よ‼︎

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。