絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

本当に死んでしまったのは、私…

自分の心のありようで…


元気にもなれるのであろうか…。

笑って過ごさなくても、「生きている」ことにたまには喜びを感じたり、感謝の気持ちが持てたり…したいものである。心が安定して…2人でいた時には、

夕陽のオレンジ色に揺れる寂しげなさざ波も…

薄暗い空から哀しげに降る雨も…

雲に隠れ見えなくなりそうな恥ずかしそうな月も…


美しく見えた。

心が元気だったから…。


私にも、

箸が転んでもおかしい年頃があった。一般的に女性の十代後半を言うらしいが…私は、最近まで、いやいやあっちゃんが生きていた時までは、「箸が転んでもおかしい年頃」だった。

あっちゃんのお陰でよく笑わせてもらったと、言うべきなのかもしれない。

本当によく笑った。

2人でいると、

何を見ても顔がほころんで…

辛いことがあっても、話せばそのうち笑えてきて…


真剣に話しているのに、いつのまにか冗談の言い合いになって…。

楽しかった。


私の心が元気だったから。


私の心が元気なのは、「あっちゃんが生きていたからだ」と、いなくなってから知った。

だから、今・・・


キラキラ輝いているあの海も…


真っ青な澄みきった空も…

綺麗な大きなお月様も…


今は…哀しく見える。


以前と見える世界が違ってきたことを、この頃痛切に感じる。やっぱり、私の心は死んでいるのだと思う。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。