絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

怪獣…さとみゴン

娘が言った。


「お母さんも、すっかりこの地の人になったって感じだね。」って…


「お母さんはね。今はどこで生活しても同じなのよ。ここにいても心はここにない。沖縄にいて美しい景色を見ても…心はそれほど感動しなかった。

仕事をしていても、どんなに歯の浮くような嬉しい言葉をかけてもらっても・・・「ありがとう」って言葉は返すけれど、「嬉しいな」って笑顔も返すけれど…

感じないのよね…。

喜びを…。

その地に馴染んでいるように見えるのは、適当に過ごしているからじゃないのかなぁ。

一生懸命じゃないんだと思う。


問題が起こらないように…

今日という一日を、静かに過ごしているだけ。

熱くなることもなく…

今日という一日を、無理をせず穏やかに過ごしているだけ。

燃えるように活躍することもなく…

今日という一日を、ただ時間だけ過ぎればいいと・・・がむしゃらにならず過ごしているだけ。


今、文句が言いたいこともないし、しんどいこともないから…ただやるべき事だけを、可もなく不可もなくやり過ごしているだけだから…。


『あっ!


あった。1つだけ。


職場の主任さんの話し方が気に食わない。目は見ないし、単調でメリハリのない喋り方。冷たさしか感じない。

「○○して下さい」しか言わない。

たまには、褒めろよ!って思う。』


そうそう…

本当の私は、

以前の私は、

何かにつけ文句言ったり、反論したり…してたなぁ。

今では、そんな元気もなくなって、静かに流れる様に流れているから 『この町の人の様に』見えるのね。」


いつかまた、『怪獣さとみゴン』に変貌する時があるのだろうか?もう…一生このままなのだろうか…。

暫くは、怪獣は出てきそうにない。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。