絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

絶望の淵から生還できない理由

「さとみ…」


「さとみ・・」


肝性脳症で、意識レベル3(ほとんど眠った状態。しかし、外的刺激に対しては反応する。)のあっちゃんが私の名前を呼んだ。


「あっちゃん…」

思わずあっちゃんの頬を両手で包み「私のこと分かる?」って聞いた。


「さとみ…」って言った。


普段は名前で呼ぶことはない。私がジュゴンのように大きくて、態度もデカイから私を呼ぶ時は、いつも…

「ゴン」(ジュゴンのゴン)だった。

あの時…伝えたいことがあったのではなかろうか・・・と、折にふれ考える。考えては悔やむ。


そんな日が、ずっと続いている。


私は今でも…2015年1月15日

肝性脳症5レベルの状態から抜け出そうとしていたあっちゃんが、ゆっくり呼んだ…

「さ・と…み」…と

言う声を忘れないでいる。その声を思い出す度に胸が締めつけられるような気がする。


そして…もう1つ。

まだ、肝性脳症の症状も出ていない1月4日の日に届いたメール…。

12月31日「24時間の余命宣告」を受けながら、お正月の三が日をドキドキしながら過ごした。

その翌日…届いたメールだ。


毎日毎日病室に一緒にいるのに届いた…

「意味不明なメール」


寂しげで…

哀しげで…

今にも消え入りそうな弱さを感じながらも・・・

伝えたい…伝えなくては・・という強い意思も感じる。


「ゴン…」・・・と。


ただそれだけの…メール


まさか…死んでしまうなんて思わないから…

こんなにも直ぐにさよならするなんて考えもしなかったから…

気になりながらも…やり過ごしてしまった…私の落ち度。


彼はいつも聞き役だった。

私はいつも言いたい事だけ言って、彼の気持ちは、本心は・・・聞く事をしなかったように思う。


だから彼は、自分の病気のことも借金のことも『死んでも口にすることがなかった』のではあるまいか。

「私の人生最大の罪」


本当は心細くて、私に泣き付きたかったに違いないのに…。


これが…なかなか絶望の淵から生還出来ない理由。

秋の夜長に…また聞こえてくる…


「さ…と・・み」って

あっちゃんの声が…。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。