絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

鬼嫁の事情

考えてみれば…

私が産まれた場所で

実の両親と共に過ごした時間より…


あっちゃんと

嫁いだ場所で生活した年月の方が長いのだけれど…


私がそこに居たのは、

あっちゃんが居たからで…。


あっちゃんが居なくなれば、

私がそこにいる理由もない訳で…。


ましてや、自分の両親の介護も世話もほとんどしていないのに・・

例え長い年月、あっちゃんの妻として、嫁として…そこにいたとしても…

あっちゃんはいない訳だから・・


これから先の義父母や義弟を・・

どうして私が・・・


…って考えている…


・・・・鬼嫁である。


もちろんあっちゃんが居たら、今ここにいたら、2人で一緒に協力しながらお世話するだろう。

だけど…あっちゃんが居ない今は

どうして私が…って考えてしまう。

しかし…

そんな私に義父母優しい。


私の心を知ってか知らずにか…

私が帰って来るのを楽しみに待っている。

まてよ…。

これも何かの作略かぁ?

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。