絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

自分で自分を壊すな!

私は…何をそう・・・悲観することがあろうか!


夫が先に亡くなってしまい遺された私は、悲しい惨めな人間なのか…?

誰よりも可哀想な人間なのか…?


そうではあるまい!!


目を閉じて息を引き取るその瞬間まで、いや!息が止まってからも尚…彼が見詰めていたものは私だったではないか!

人が一生をかけて見つめ合う時を…

人が一生をかけて話し合う時間を…


人が一生をかけて与える愛を…私にくれたに違いないのではないか。


夫の看病はたった23日間だった。

ほどほどに…して・・・

きっと終わらせて逝ってしまったのだろう。


私が「哀しむ顔」が見たくなかったから…。


カッコいい姿しか…見せなかった…


こんなにも愛してくれた人が、

過去も今も…

これからも…私の夫であって…変わることはないのだから。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。