絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

10回…死にたい。10回中1回!

静かに…

流れに逆らうこともなく…

最低限度の生活が成り立てばそれでいいから…。

大きな夢も今はないし、計画していることもないし…、

このまま…でいいと思っている。


だけど…、

心の隅の隅の方で、沸々とうごめいている何かがあるのも事実。

少しある…微かなこの余力でまだ「何かできることがあるのではないか」と。

私が持っているかもしれないまだ残っている「力の全て」を…

私を必要としている人に「与えるべき愛」を…

使い果たしてから…でも、

あっちゃんが待っているところへ逝くのは・・

その後でもいいかな…って…思う。

私にとって「死ぬこと」は、また夫との…「始まり」だと信じているので…。

そんなステキなことが待っているのであれば、

今の…この哀しみも、寂しさも、悔しさも、耐えられるだけ耐えてみよう…かとも思う。


10回「死にたい」と思う。

でも、10回のうちの1回に。

1回だけ「何かできる」という思いが心から突いて出てくることがある。


まだ、それは10回の中の1回で…

少ないけれど…そうして紡いでいる時間が私を少しずつ変えてくれているのかもしれない。


最低限度の生活って…様々な解釈があると思う。「どのように貴方は生きますか?」っていうことでしょ。

あっちゃんがいなくなってから、生きてはいたけれど「死んでいる」状態であった。つまり、私は今まで、今も最低の最低の生き方をしていることになる。でも、沸々と心にうごめいている何かに気づいたのだ。

少しだけど…

ほんの少しでいいから「再生した…自分の姿」が見たいと…思う気持ちが生まれてきたような…。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。