絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

夫の死が私の「強み」に…

すっかり日も短くなり、仕事が終わってアパートに帰る頃は薄暗く…

時間給なのでほぼ残業することがない私が帰宅の途に着く頃は、家々の灯りが灯しだす頃・・・で…。


駐車場に車を停め、辺りを見回すと、オレンジ色に見える窓が、仕事を終えた私の心に、安堵感と共に、まだ根強く残っている喪失感を浮き彫りにする。



家を出て、この地に来て3ヶ月過ぎた。

仕事帰りに行きつけにするスーパーも、美味しいパン屋さんも見つけた。時間帯によっては、渋滞する道も分かった。

職場では、「いつも怒っているのか…」っと、つっこみたくなる主任さえ我慢すれば、みんな話しやすくて楽しい人達ばかり。


11人の子ども達は、いつもいつも賑やかで・・・学校から帰って来ると我先に話がしたくて…飛んで来る。それで喧嘩になって…腹を立てて・・あっちに行ったりこっちに行ったり…。


すっかり…とは言わないけれど、私の居場所ができた。


1からでも…いや!


その気になれば0からでも始めることができるものだ。私には運が良いことに近くに娘夫婦がいてくれたので、スムーズに運んだ面もあるだろうが、


人間…その気になれば

やれるもんだ…。


と…つくづく思う。


今も…優しく灯る明かり見て、私自身を振り返る。

確かに、私のこの哀しみが薄れることは、今はないけれど・・

私は、もうこれ以上の「哀しみ」に出会うことはない。

もうこれ以上の絶望の底を見て…そこに立つことはないのだ。

この強みは…「すごいこと」ではないだろうか。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。