絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

死の検索…思い出①

あっちゃんのアパート(大学生の時)には、オーディオ機器が窓のない方の壁一面に騒然と並べられていた。プレイヤー、アンプ、スピーカーが幾つもあったように思う。


その部屋で、オフコースの「さよなら」を聞いた。


初めて訪れた彼の部屋に行って、これから、もしかしたら、2人の「恋」がスタートするかもしれないのに、あの時聴いた曲は…、

2人で一緒に初めて聴いた曲は「さよなら」だった。


何を意味していたのだろう。


そう言えば…何度か繰り返して聴いたような気もする。


それから30年後「さよなら」も言わずに逝ってしまった。


行かなければよかったかなぁ。

あっちゃんの部屋に…。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。