絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

半分の私…命も2分の1

もっと…生きたかっただろうか・・


私の涙は、2種類。


一つは、まだまだ生きたかったであろう…あっちゃんの無念さを想い哀しくて、可哀想で、愛おしくて…流れる・・・切ない涙…。


もう一つは、私が…1人で・・こうして生きている私自身の辛さを想い悲しくて、可哀想で、寂しくて…流れる涙…。


涙の意味を知ったとき…

私はもう純粋な涙は流せない…と思った。


感動の涙も…

人の気持ちを想い…流れる涙も…。


もう…流れることはないだろう…。


人としての心を

半分以上失ったから・・・


何もかも…半分以下・・・になってしまった。


「ひとりの私」に…「ひとつの私」に戻れる日が来るのだろうか…。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。